プリウス30の補機バッテリー!型番はHDDナビで変わる?



30系プリウスの補機バッテリーは、大きさが違う「2種類の型番」があることをご存知ですか?

私がこの事を知ったのは、プリウスの購入時に営業さんとオプションを決めている時でした。

営業さん: 「純正ナビを付けないと、バッテリーの容量がちっちゃい方になっちゃいますよ。」

私: 「なんですって? オプションの選択で、バッテリーの大きさが変わっちゃうの?」

営業さん: 「そうなんです!」



説明を聞くと、新車購入時の「オプション選択」でバッテリーの大きさが決まってしまうようです。

今回は、「30系プリウスの補機バッテリー」について見ていきましょう。この情報を知っておけば、補機バッテリーを交換する際に「より自分にあったバッテリーを選ぶ」ことができます


スポンサーリンク



補機バッテリーは 2種類の型番がある


30系プリウスに使われている純正の補機バッテリーには、2種類の型番があります。


補機バッテリーの型番(30系)

  • S34B20R (標準)
  • S46B24R (容量が少し大きい)


トヨタがどんな基準で、この2つのバッテリーを使い分けているのか? 基本的には、プリウスを購入する時のオーディオやナビの選択で決まります。


車種グレード標準搭載寒冷地仕様
前期L、S、GS34B20RS34B20R
Gのツーリングセレクション、オーディオレス車S34B20RS34B20R
S、GのメーカーHDDナビ車S46B24RS46B24R
後期L、S、Gの純正オーディオ車S34B20RS34B20R
S、Gのオーディオレス車S46B24RS46B24R
S、GのメーカーHDDナビ車S46B24RS46B24R

例外はありますが、次のように理解すれば覚えやすくなります。

  • 3代目の前期
  • HDDナビ付きのみが、大きなバッテリー。納車の時点で「電気を多く使うHDDナビ」が付いているためと考えられる。それ以降のことは考慮していない。

  • 3代目の後期
  • 純正オーディオ付きのみが、小さなバッテリー。納車以降の装備を予想して、純正オーディオ以外は大きなバッテリーを選択していると考えられる。

プリウスオーナーの立場からすると、後期の方が良い判断をしていると思います。なぜなら、前期ではHDDナビにもかかわらず小さなバッテリーになる可能性が高いからです。


また、ピンポイントで型番を調べたい方は、GSユアサの検索サイトが役に立ちます。

GSユアサのバッテリー検索ページ

トップ)⇒ バッテリー検索ページ

検索例)⇒ 3代目プリウスの補機バッテリー

検索例)⇒ 4代目プリウスの補機バッテリー




さらに「GS YUASA」の販売例を調べてみました。自分で交換すれば、ディーラーに頼むよりも半額程度で済みます。実際に交換したオーナーさんの口コミも、大変参考になります。


標準タイプ(S34B20R)が、こちら。

大容量タイプが、こちらです。

容量が違いますので、もちろん価格も違います。大切なのは、2つの選択肢があることを知った上で補機バッテリーを選ぶことです




補機バッテリーの 選び方


基本的には、使用する機器で大小を判断しましょう。ただ、迷ってしまったら「大きい方の補機バッテリー」をおすすめします。

トヨタの判断基準である「HDDナビクラスの機器」があるなら、迷わず大きなバッテリーです。

注意したいのは、たくさんの電気を使う機器を使用するにもかかわらず、標準のバッテリーを選ぶことです。

ナビ以外にも、インバーター等を使った充電が多いなら、大容量バッテリーの選択がおすすめです。



ちなみに、バッテリー上がりの原因として多いのは、ナビやオーディオです。室内灯の消し忘れ等を除けばですけど。

バッテリー上がり等の問題が起きなければ、それはそれで良いのですが ...起きないとも限りません。


スポンサーリンク



使用機器の例

プリウス小物入れの異音対策
車内で使うであろう機器を、片っ端からリストアップするとこんな感じです。

  • HDDナビ(兼オーディオ)
  • ドライブレコーダー
  • ETC
  • 空気清浄器
  • インバーター(充電器接続用)
  • スマホ(家族分の充電)
  • iPad(充電)
  • モバイルバッテリー(充電)
  • ビデオカメラ(充電) ...

思ったより、たくさんの物にお世話になってます。さすがに同時には使わないとしても、相当な電力消費量です。もしこんな状況であれば、大容量のバッテリーを選んだほうが懸命です。




最後に


今回は、3代目プリウスの「補機バッテリーの種類と選び方」について見てきました。

要は、

  • 多くの電気を使うなら 大容量バッテリー
  • 使う電気が少ないなら 標準バッテリー
ということでした。


よくよく考えれば、トヨタはわざわざ2種類のバッテリーを用意している訳です。トヨタの社運をかけたプリウスは、原価を1円でも抑えたいのが本音でしょう。

それでもHDDナビだけのために、原価が高い大きなバッテリーを採用しています。このことには、それだけの理由があるからだと私は考えます

たかが補機バッテリー、されど補機バッテリー。この記事が、あなたのバッテリー選びに少しでも役立てば嬉しく思います。






関連コンテンツ&スポンサーリンク