プリウスの寿命は乗り方しだい?その運転がバッテリーをダメにする!



2019年1月22日追記

3代目プリウス(前期)に乗り始めてから、ほぼ10年。走行距離は10万キロを超えました。駆動用バッテリーのヘタリもなく快調です。



車検のためディーラーを訪ねたときに、メンテナンス担当の方と話す機会がありました。

ディーラーさん:
リッター、どれ位いってます?
おぉ〜、結構のびてますね。
でも、あまり極端な乗り方は良くありませんよ!


ゾワッとする私:
極端な乗り方ですって?
それって、どういう運転ですか?


話を詳しく聞いてみると、やってはいけない「バッテリーをダメにする運転」があるらしい。

「ちょっと!おっかないこと言わないでくださいよ〜(笑)」と、突っ込んではみたものの、私の運転はプリウスの寿命を縮めてしまっていたのかもしれません。

まぁ、あまり神経質になる必要はないのですが、プリウスの寿命をできるだけ延ばしたいのなら、頭の片隅にでも置いておいた方が良い情報だと思います。

では早速、駆動用バッテリーの寿命を縮めてしまうかもしれない「ダメな運転2つ」を見ていきましょう。


スポンサーリンク



バッテリーに負荷をかけすぎる運転はダメ


まずひとつ目は、バッテリーに負荷をかけすぎる運転はダメということです。

具体的には、

  1. 発進の時のEVモードの多用
  2. 極端な放電と充電の繰り返し
この2つです。

その訳を、順にご説明します。


1. 発進時におけるのEVモードの多用
プリウスのEVモードは、モーターの力だけで加速します。それだけバッテリーの負担が大きいんですね。負荷をかけすぎるとバッテリーの寿命は短くなる。つまり、発進時の「EVモードの極端な多用」はダメ!なんです。

発進から巡航速度までの加速は「モーターとエンジンの併用」が理想的です。バッテリーの負荷が少なくて済みますから。

逆に、加速した後の巡航時はモーター走行を活用しましょう。このバランスが、燃費向上のポイントになります。実際に、プリウスの取扱書にも「燃費向上の要点」として記述されています。


モーターとエンジンの使い分け方法

モーターとエンジンの使い分けについては、別の記事で詳しく解説しています。コツをつかめば、意識的にエンジンを掛けたり止めたりすることができます。

プリウスの燃費を向上させる方法!アクセルとブレーキワークを極める



2. 極端な放電と充電の繰り返し
プリウスに乗り始めると、どうしても気になるのが燃費です。燃費を向上させるために、EVモードを多用してみたり、アクセルを加減してモーター走行を増やしたりと、あらゆる方法をを試してみる訳です。

分かるんですねその気持! 私もやってました。出かける時にトリップメーターを「0」にして、

「さあ、今日の燃費はどれ位かな?」
「おぉ、調子いいじゃん!」

なんて、その結果で一喜一憂してました。

燃費をあげようとしてモーター走行で「バッテリーを使い切る」と、エンジンが掛かってプリウスは充電モードに入ります。そして電気がたまったら、またモーター走行でバッテリーを使い切る。これはいけません。つまり、極端な放電と充電の繰り返しはダメなんです。

これって、最初は試してみたくなるんですよね。だって、モーター走行はハイブリット車の醍醐味ですから。でも、こんな極端な運転を繰り返すと、当然バッテリーに大きな負担がかかってしまいます。

覚えておきたいのは、プリウスの命である「バッテリーにも寿命がある」と言うこと。なにごとも、やり過ぎは良くないってことですね。


スポンサーリンク



2. バッテリーレベルが低いまま放置はダメ

プリウスのシフトノブ
プリウスの駆動用バッテリー(ニッケル水素電池)が長持ちする理由は、充電レベルを40%〜80%程度の間でコントロールしているからだそうです。

具体的には、バッテリーメーターが満タンを指していても実際には80%に押さえれており、メーターが空に近くても40%も残っている訳です。

つまりバッテリーの寿命をのばすためには、過充電と過放電の状態を発生させないことが大切なんです。


では、どんな運転をするとバッテリーをダメにしてしまうのでしょうか? ありがちなのは、家に帰り着くちょっと前からモーター走行を始めてしまうことです。その方が、その日の燃費は良くなる訳ですから。

でもこんな運転をしてしまうと、結果的にバッテリーが少ない状態でプリウスを止めることになります。もう分かりましたね。

そうです!バッテリーが減った状態で長く放置すると、自然放電して過放電状態になる可能性が高くなってしまいます。


毎日のようにプリウスに乗っている方には、あまり関係のないことかもしれません。ただ月に数回しか乗らない方や、特に数ヶ月も放置する場合は要注意です。バッテリーレベルが低いまま放置はダメなんです。

その1日最後の運転が、あなたのプリウスをダメにするかもしれません。逆に、過充電はシステム上ありえませんから心配することはありません。


リチウムイオン電池搭載車は逆

7人乗りのプリウスαなど一部のプリウスには、駆動用バッテリーにリチウムイオン電池が搭載されています。リチウムイオン電池搭載車の場合は、逆にバッテリーレベルを減らして放置する方が良いとマニュアルに書かれています。






さいごに


今回は、プリウスの寿命を縮めてしまうかもしれない「ダメな運転2つ」を見てきました。

おさらいすると、

  • バッテリーに負荷をかけすぎる運転はダメ
  • バッテリーレベルが低いまま放置はダメ
この2つでした。

どちらも、それほど気を使うことはありません。極端にバッテリーを使う運転をせずに、乗らない期間をあまり長くしないように心がける程度でOKです。


それからバッテリーに優しくすると「せっかくのプリウスなのに燃費がのびないのでは?」と思われるかもしれませんね。

でもプリウスで燃費をのばすコツは、モーター走行の多用ではありません。この記事の前半でもご紹介しましたが、次の記事をもう一度ご案内しておきます。

プリウスの燃費を向上させる方法!アクセルとブレーキワークを極める

条件が良ければリッター30kmも夢ではありません。ぜひ、お試しください。






関連コンテンツ&スポンサーリンク