タイヤの空気圧!高速道路で高めはウソ?



高速道路を走る時の空気圧は、

  • 高めに入れる
  • 一般道路のまま
どちらが正解でしょうか?


なんだか試験に出てきそうな問題ですが、現実的には「一般道路のまま」が正解だと思います。基本的に、高速道路でもタイヤの空気圧を変える必要はありません。

でも、過去には変える時代もありました。ではなぜ、今と昔では変わってしまったのか?

そんな疑問も含めて、今回は高速道路を走る時の「タイヤの空気圧」について考えてみます。その理由を知れば、高速道路も安心してドライブできます。


スポンサーリンク



高速道路でも 空気圧を変える必要はない

夜の高速道路
タイヤは「車で指定されている空気圧」で乗るのが基本です。

高速道路を走るからと言って、タイヤの空気圧をその都度変える必要はありません。その昔は「高速道路では高めにする!」って教えられていましたが、それも過去の話です。

その理由としては、タイヤの耐久性が昔より飛躍的に高くなったことが上げられます。

  • 過去 ・・・ 弱いバイアスタイヤ
  • 現在 ・・・ 強いラジアルタイヤ
今どきのラジアルタイヤを履いている限りは、空気圧を変えなくても問題ありません。もちろん、指定の空気圧より低くてはダメですよ。

空気圧が低いと、次のような現象が起こります。


いわゆるスタンディングウェーブ現象です。タイヤの空気圧が低い状態で高速走行をすると、タイヤの表面が波打ってきます。そして段々と波が高くなり、最後には熱を持って破裂します。

一番経験したくないタイヤのバーストです。

私も一般道でしたが、走行中にタイヤのパンクを経験したことがあります。車体が右に左に振られて、声を上げる程の怖い思いをしました。もちろん運転なんか、まともにでききません。


それ以上に、高速道路でのバーストは非常に危険です。とにかくこれを防ぐために「高速の空気圧は高めが安全!」といった先人の教えが今でも残っているんですね。でも、この表現は過去のことであり、現在のタイヤにはそぐわないでしょう。


大切なのは、

  • 低い空気圧で走らない
  • 特に空気圧の変化に注意する
この2つです。

そして「一般道路を走るから」とか「高速道路を走るから」とかの走行条件にに限らず、日頃から少し高めの空気圧に調整するのがおすすめです。


では、

  • 何を基準に高い低いを決めるのか?
  • 少し高くする理由はなんなのか?
引き続き見ていきましょう。


スポンサーリンク



指定空気圧より 高めがいい?

タイヤの空気圧は、タイヤごとに決められているものではありません。なぜなら、車によって「車体の重量」などが違いますから。つまり、タイヤの空気圧は車ごとに決められています。

これを、その車の「指定空気圧」と言います。

指定空気圧は、運転席のドアを開けたところの「シール」に書いてあります。

3代目プリウスの「タイヤ空気圧」のシール
この写真は、我が家の3代目プリウスの「タイヤ空気圧シール」です。前輪と後輪とでは違う空気圧が指定されています。

  • 前輪 230 kPa(キロパスカル)
  • 後輪 220 kPa(キロパスカル)
重いエンジンが前にあるFF車は、前輪の空気圧が高めに指定されている場合が多いようです。プリウスに限らず、どの車にも必ずあるはずですから確認してみて下さい。


また、空気圧は指定空気圧を基準にします。240kPaだと高いとか、200kPaだから低いとか、そんな比較ではありません。あくまで、指定空気圧との比較です。

空気圧は若干高めに調整するのが一般的

タイヤの空気圧は「指定空気圧より10%高め」に調整するのが良いと言われています。これは一般道でも高速道路でも同じです。



なぜ「空気圧を高めに調整するのが良い」と言われているのか?

それは、ご存知の通りタイヤの空気は少しずつ減るからです。その減っていく現象を見越して、高めに調整しておけば「指定空気圧より低くなることが防げる」と言う訳です。


アルミホイールとレーシングタイヤ

さらに、車に乗せる「荷物」や「人数」を考慮することもおすすめします。乗せれば乗せるだけタイヤもたわみますから。

なので「最大積載量に近い状況」になる場合には、15%くらい高めに入れると安心です。日本ではあまり意識されていませんが、ヨーロッパなどでは常識です。その証拠に、ヨーロッパ車では「軽積載時」と「最大積載時」の2種類の空気圧が指定されていたりします。

ほとんどの方は、数ヶ月に1度程度しか空気圧のチェックをされないと思います。なので、ちょっと高めの空気圧に設定する方法がおすすめです。しばらく点検しない間に「指定の空気圧よりも 低くなっていた」なんてことが減りますから。




おさらいと まとめ

タイヤのバルブキャップ
特に大切なのは、次の3つでした。

  • 低い空気圧で走らない
  • 高速も一般道も高めで走る
  • 高速では特に空気圧に注意する
操縦性や燃費にも影響しますので、キッチリとメンテナンスしたいものですね。






関連コンテンツ&スポンサーリンク