ヘッドライトにピカール!その黄ばみ取りの基礎知識



ヘッドライトの黄ばみを、ピカールで取る。今となっては定番ですよね。なんと言ってもお手軽ですから。

ただ、今からピカールでライトを磨かれるのなら、お伝えしたいことがあります。事前に情報があれば、失敗が少なくなるかもしれません


実は私も、いくつものライトを磨いてきました。年代の古い車は、黄ばみがひどかったものです。せっせ、せっせと、磨いていくうちに、いろいろな疑問も沸き起こります。そしてその都度、解決をしてきました。

そして分かったことは、「ピカールについての知識」の大切さ。知っておかれても、損はありません。

今回は、「ピカールを使った黄ばみ取り」の基礎知識です。施工前から施工後まで、順を追ってご説明します。

Sponsored Link



ヘッドライトに ピカールは使えるの?

ピカール金属磨きのパッケージ
そもそも金属磨きであるピカールを、ヘッドライトの黄ばみ取りに使っても大丈夫なのでしょうか? 今時のヘッドライトは、ほぼプラスチックで出来ていますからね。

答えは、大丈夫です。ピカールはプラスチックでも使えます。

「ピカール金属磨き」について

ピカール金属磨きの用途説明
ピカールは、商品名では「ピカール金属磨き」となっていますが、プラスチックに使用しても問題ありません(自己責任ですが)。

実際に、ボトルに表示されている説明でも「使用に適するもの」としてプラスチックも表記されています。


ピカールは、主に金属磨きに使われています。しかし、「DIYでのヘッドライト磨き」にもよく使われます。なぜなら、ピカールで磨くと「黄ばみが取れる」ことが知られているからです。

ただピカールで磨いても、ライトの黄ばみが必ず取れるとは限りません。取れるかどうかは、次の「ピカールの黄ばみ取り効果」を考えると判断しやすくなります。




ピカールの 黄ばみ取り効果は?

プリウスのハロゲンヘッドライト
まず、「プロの黄ばみ取り」と「ピカールの黄ばみ取り」を比較して、効果の違いを見てみましょう。

プロのショップにヘッドライト磨きを頼むと、だいたい次のような工程で作業をします。作業の目的は、黄ばみの除去と磨き、そして表面の保護です。プロはピカールを使いません。

  1. 耐水ペーパーでの研磨
  2. 液体コンパウンドでの磨き
  3. コーティング剤での保護
ピカールで磨く効果は、2つ目の「液体コンパウンドでの磨き」と同じ効果があります。逆に言えば「工程全体の中の 1つの作業」でしかありません。


次に「プロ磨きの例」と「ピカール磨き」を、研磨の番手に注目して比較してみましょう。プロの場合は、粗めから細めへと少しずつ細かい番手に変えていきます。

 プロの磨きピカール磨き
研磨作業
(耐水ペーパー)
1000番
1500番
2000番
なし
磨き作業
(コンパウンド)
3000番
7500番
9800番
約4000番
番手という視点で考えても、ピカール磨きは「工程全体の中の 1つの作業」だということが分かります。

研磨の番手について

ペーパーやコンパウンドは、状況により変える必要があります。番手(粗さ)については、こちらの記事に詳しく書いています。

>>> ヘッドライト磨きの耐水ペーパー!粗さ選びと磨き方


以上のことから、ピカールは手軽だけど「黄ばみの取れ具合は限られる」と言えます。

耐水ペーパーで研磨しないと、ひどい黄ばみは取れません。ただ、軽い黄ばみは取れます。つまり「ピカールでのライト磨き」は、黄ばみやくもりが軽い場合に効果があると言えます。

さらに磨きの仕上がりを考えると、極細のコンパウンドまでの作業がおすすめです。


DIYでの黄ばみ取り

DIYでも「ペーパーやコンパウンドを使った黄ばみ取り」が可能です。詳しい記事はこちら。

>>> ヘッドライトの黄ばみ除去!DIYでやるプロ級ピッカリ術



Sponsored Link



ピカールで 黄ばみはどれくらい取れる?

ピカールは「ひどい黄ばみ」には効果が少ないとしても、どれくらいの黄ばみだったら綺麗になるのか?

なにはともわれ、実際に磨いている動画を見てみましょう。

結果としては、先程書いた通りに「軽い黄ばみ」なら綺麗になります。磨き前の「薄い黄ばみ」の状態と比べて、磨いた後はライトがスッキリと輝いています。

そして動画の説明にもありますが、ピカールでの磨き方の工程は次の通りです。


ピカールで磨きの工程


  1. 作業前に マスキングをする
  2. 磨き作業をする時の、ボディの保護には「マスキングテープ」の使用が理想的です。

    おすすめは3M製のスコッチ。接着力もあり、はがしても糊が残らないので最近のお気に入りです。アマゾンでも売っています。


  3. 磨く前に ライトの汚れを取る
  4. ピカールの研磨粒子は、目にも見えない3マイクロメートル。これより大きな汚れが残っていると、思いのほかに深い傷が付いてしまいます。ピカール磨きで「失敗する原因」は、こんな基本的なところにも隠れています。



  5. 根気よく 黄ばみを取る
  6. どれくらいの時間を掛けるのかは、ケースバイケースです。目安としては、白いウエスに黄色い汚れが付かなくなるくらいまで。

    ピカールは安価です。でも量はたっぷり。これが1本あれば、車に限らず長く便利に使えます。



ライト磨きでピカールを使う良さは、なんと言っても手軽なこと。ただ、ピカールだけでライト磨きを終わってしまったら、心配なこともあります。

ここまで読んでいただいたら、薄々お気づきだとは思います^^ 引き続き「コーティング」について見ていきましょう。




ピカール後の コーティングは必要?

ヘッドライトのコーティング剤(ソフト99)
ピカールでライトの黄ばみを取った後、実際にコーティングは必要でしょうか?

答えは、良い状態を長く持たせたいのなら必要です。理由は、その後の劣化を遅らせるため。

新車のヘッドライト表面には、黄ばみや曇りを防ぐためのコーティングが施してあります。これは紫外線や傷に弱いプラスチック(ポリカーボネイト)の劣化を防ぐのが目的です。


黄ばみの原因について

新車から長い年数が経過すると、コーティング済みでもライトは黄ばみます。その原因は次のようなものです。

  • 紫外線による劣化
  • 傷による劣化
  • 熱による劣化
「黄ばみの原因」についての、詳しい記事はこちら。

>>> ヘッドライトに黄ばみがっ?その原因を徹底解明!



ピカールで磨くと言うことは、黄ばんだ「コーティング」と「ライトの表面」を削り取っている訳です。つまりポリカーボネイトがむき出しの状態になりますから、そのままでは劣化が早く進んでしまいます

この劣化を、少しでも遅らせるための手段がコーティングです。


作業自体は、そんなに大変ではありません。ちなみにアマゾンでよく売れているSOFT99 LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュだと、次のような簡単な作業で済みます。

  1. コーティング剤をよく振る
  2. 専用スポンジで 薄く塗り広げる
  3. 1分程乾かした後 軽くならす
  4. 施工後24時間は 触らない濡らさない

もちろんコーティングをしても、いつまでも効果が続くことはありません。ただ、また黄ばみ始めるまでの期間は長くなります。

商品や環境にもよりますが、コーティングをしてから黄ばみ始めるのは「半年から1年」。コーティングをしないと「1ヶ月から3ヶ月」で劣化してしまいます。

Sponsored Link



まとめ

ピカールを使った「ヘッドライトの黄ばみ取り」の、おさらいとまとめをしておきます。施工前から施工後までの、基礎知識のポイントです。


ピカールでの黄ばみ取りのまとめ

  • ヘッドライトに ピカールは使えるの?
  • ヘッドライトにピカールを使用しても大丈夫。ただし自己責任です。

  • ピカールの 黄ばみ取り効果は?
  • ピカールの黄ばみ取り効果は「液体コンパウンド(4000番)とほぼ同じ」です。

  • ピカールで 黄ばみはどれくらい取れる?
  • 「黄ばみのひどいライト」は綺麗になりません。「軽い黄ばみ」なら綺麗になります。根気よく磨けば、それなりに取れます。

  • ピカール後の コーティングは必要?
  • 劣化を少しでも遅らせる手段がコーティングです。これをやらないと、1ヶ月から3ヶ月で黄ばみが始まります(商品や環境に左右されます)。

    ※ コーティングについては「やらない派」もたくさんいます。「また磨けばいいんでしょ!」ってことですね。割り切りってしまえば、それはそれで問題ありません。


古くなれば、ヘッドライトだって黄ばみます。綺麗にするには、手間も掛かります。

でもメンテナンスで試行錯誤をしていると、なんだか楽しくなってきますから不思議ですよね。愛車の手入れをしながら、私はいつもそう感じています^^

ぜひ、あなたに合った黄ばみの取り方を見つけてください。

Sponsored Link