プリウス30 前期 vs 後期?違いのまとめ!前編



プリウスの中でも、人気なのはやっぱり30系です。

30系プリウスは、売れているいる台数も多いので、中古車もずいぶん選べる環境が整って来ました。

ご存知のように、見た目はほとんど一緒でも、30系には前期と後期の2種類があります。


数ある、プリウス30の中で ...

もし買うんだったら、前期と後期、どっちにしますか?

Sponsored Link

私だったら ...後期です。

予算が、許せばですけど。


我が家のプリウスは前期ですが、残念ですけど後期には少し負けますね。^^;

ただ、前期には、前期の良さがあります。


悔しさを押さえて、今回は...

前期オーナーの視点から、30系プリウス前期と後期の違いを、まとめてみます。




フロントの デザインの違い

30系プリウス前期後期-フロントデザインの違い
フロントのデザインが、プリウスの前期と後期では若干違います。

こうやって並べてみると、同じプリウス30でも顔つきが結構違いますね。写真映りと、色の関係もあるかもしれませんが。


で、変わったポイントはここです。

30系プリウス前期後期-フロントの違いのポイント
  1. ヘッドライト
  2. フォグランプ
  3. ポジションライト
  4. エンブレム周り

①ヘッドライトについては、見た目ではほとんど分かりませんが、車種によって中身のライトが変わっています。

30系プリウス-前期と後期のヘッドライトの違い


②フォグランプは、装着位置が違います。前期はウインカーの下に付いていましたが、後期ではウインカーと別に配置されています。

30系プリウス-前期と後期のフォグランプの違い


③ポジションライトは、前期では縦長の長方形(フォグ一体型)で、後期は逆三角形に近い形です。

30系プリウス-前期と後期のポジションライトの違い


④エンブレム周りのデザイン変更は少しですが、ノーズ部分の変更は顔つきに影響しています。

30系プリウス前期後期-エンブレム周りの違い


そして ...注目して欲しいのが、
デザインよりも ライトの中身!

ヘッドライトフォグランプの違いは、見た目より大事な部分なので、ググっと突っ込んで見ていきましょう。




ヘッドライトの 中身の違い

プリウスのハロゲンヘッドライト
前期のヘッドライトは基本的にハロゲン、特別仕様車だとLEDが付いています。

後期のヘッドライトは基本的にHID、同じく特別仕様車だとLEDが付いています。


グレード前期後期
Lハロゲンハロゲン
S/G
ハロゲンHID
S/G
LEDエディション
LED設定なし
S/G
ツーリングセレクション
LEDLED

数が沢山出ている前期S/Gのヘッドライトには、ハロゲンが採用されているんですね。

ハッキリ言って、これは弱点です。

暗くて、悪いんですね...夜の視界が。


ちなみに、ヘッドライの明るさの比較は、次の通りです。
明るい ← HIDLEDハロゲン ← 暗い


その点、後期は(Lを除けば)HIDかLEDですから、前期に比べればかなり明るいです。


もっともハロゲン搭載車でも、社外品のHIDに変えてしまえば、逆に純正のLEDよりも明るく、視界もよくなります。
ここは逆に、前期の良さとも言えます。


と、言うのは...

純正のハロゲンから、社外品のHIDに変えるのは、あまり問題ありません。

でも、純正のLEDから、社外品のHIDへの交換は、構造上簡単には出来ませんからね。


なので、少しでも明るい方がいい!って方は、ハロゲン付きを買って、HIDに交換するのも選択肢のひとつだと思います。

ただ、普通の感覚から言えば、純正LEDでも明るさはまったく問題ありません。


参考になる記事は、こちらです。

ヘッドライトのLEDとHIDの比較!交換するならどっち?

プリウスのヘッドライト交換費用!HIDならどれ位?


Sponsored Link



フォグランプの 中身の違い

プリウス30のフォグランプ点灯時
フォグランプは、標準装備のグレードの基準が違います。


グレード前期後期
L設定なし設定なし
S標準装備オプション
G標準装備標準装備

前期はS/Gの両グレードともに、標準装備です。

後期のGは標準装備ですが、Sのフォグランプはオプションに変更されています。


そして、気づきにくいのが材質とワット数
  • 前期 ・・・ ガラス製(55W)
  • 後期 ・・・ プラスチック製(19W)
材質については、後々、高輝度バルブなんかに交換する事を考えれば、ガラス製が有利です。

ガラスの方が、熱に対する耐久性が高いですから。


さらに後期は、前期と比べると、ワット数55Wから19Wに、落ちています。

これは、明るさがかなり違います。


もし、フォグランプを明るくしたいと思ったら、プラスチック製では耐熱性が悪いですから、丸ごと交換になってしまいます。

そうすると、バンパーを外す事になりますから、気軽には出来ませんし面倒です。


おそらく、原価を絞った結果だとは思いますが、このダウングレードはもったいないですね。


ここは、前期がリード出来る数少ない違いです。

プリウス30 前期 vs 後期?違いのまとめ!
の、前編はここまでです。


長くなるので、後編で続きを書きます。




最後に

ヘッドライトや、フォグランプだけを見てみると、意外にも前期は健闘していますね。


ただ、後編で書くつもりですが、一番の違い乗り心地だと言われています。

そんなに、乗り心地は違うのか?


前期オーナーの、複雑な心境を書いてます。

プリウス30 前期 vs 後期?違いのまとめ!後編

Sponsored Link