四万十屋の天然うなぎ蒲焼定食!養殖うなぎとの食べ比べ

四国の高知に行ったら、四万十川の天然うなぎを食べるべきでしょう。でも「どんなお店がいいの?」と、迷ってしまいます。

物産館サンリバー四万十の外観

今回は、そんな方のための「天然うなぎ食べ比べ報告」です。

四万十屋で「天然・養殖」食べ比べ

四万十川の川沿いにある「四万十屋のうなぎ」です。めったにない機会なので、天然と養殖を食べ比べしました。

まずは「うなぎの蒲焼定食(天然)4,100円」

うなぎの蒲焼定食(天然)2014年当時4,100円

天然は、身は薄いが引き締まってて程よい歯ごたえ。マグロで言えば深い味が楽しめる赤身。型が小さいだけに数が多く乗ってます。

つぎは「うなぎの蒲焼定食(養殖)3,300円」

うなぎの蒲焼定食(養殖)2014年当時3,300円

養殖は、身も厚く柔らかい。マグロで言えば口の中でとろける脂ののったトロのようです。

最後は「うなぎ丼(天然)2,950円」

うなぎ丼(天然)2014年当時2,950円

うなぎの量は少なくなりますが、これでも十分満足です。

家族旅行なら、子供チームには肉厚でこってりの養殖を。大人チームには、味わいの深い天然がおすすめです。

予約は必要ありませんが、何しろ天然は自然が相手。当たり前ですが、取れない時は出せないそうです。スケジュールを組まれるなら「天然ありなしは事前に電話で確認出来ます」。ぜひ、みなさんで味わってください。

スポンサーリンク

四万十屋はテラス席の風が気持ちいい

四万十川の下流に位置する四万十屋。創業47年の老舗です。食事処は2階にあります。もちろんうなぎも炭火焼きです。

うなぎの四万十屋の外観

ここの良さは40〜50席ある広〜い座敷とテラス席。子供連れでもゆったり出来ます。縁側にあるテラス席に座ると自然の風がいい感じ。目の前の四万十川と大自然に癒やされます。

四万十屋のテラス席からみる四万十川

四万十屋のメニュー

メニューものせておきます。

四万十屋の食事メニュー
四万十屋の食事メニュー
四万十屋の食事メニュー(うなぎ部分アップ)
四万十屋の食事メニュー(うなぎ部分アップ)

「四万十屋には行ってみたいけど遠すぎる!」という方のために、お取り寄せもご紹介しておきます。Amazonには茶漬けしか見当たりませんが、楽天とYahoo!には「天然にも負けない地然うなぎ」があります。

天然うなぎ茶漬 四万十屋・高知県

天然うなぎ茶漬 四万十屋・高知県

6,973円(09/27 09:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

四万十屋以外のうなぎの名店

四国には、四万十屋以外にも「うなぎの名店」があります。調べてみた限りですが、ご参考までにご紹介します。

  • さこや
    • 「出川の充電さしてもらえませんか」で出川哲朗さんたちが立ち寄ったお店
    • 屋形船が楽しめる
  • とおわ食堂
    • 「道の駅 四万十とおわ」にあるレストラン
    • アウトドア感覚のウッドデッキ席がある
  • いわき食堂
    • 奥の座敷から眺める四万十川がいい
    • 前日までに予約を入れると確実
  • うな泰
    • 創業40年の老舗
    • 高知駅から電車で7分
    • はりまや橋から徒歩2分

順に見ていきましょう。

さこや

  • 佐田の沈下橋付近にある食堂
  • 駐車場から見える沈下橋の風景がいい
  • お店はカウンターと小上がり座敷
  • 屋形船が楽しめる
  • 「出川の充電さしてもらえませんか」で出川哲朗さんたちが立ち寄ったお店

とおわ食堂

  • 「道の駅 四万十とおわ」にあるレストラン
  • アウトドア感覚のウッドデッキ席がある
  • 四万十川の清流が満喫できる
  • おみやげは「四万十紅茶」がおすすめ
  • 人が多い時には待ち時間が長いかも

いわき食堂

  • 奥の座敷から眺める四万十川がいい
  • 場所は四万十川の中流
  • 「単品で3,000円程度」を頼むとうなぎが大きい
  • 前日までに予約を入れると確実

うな泰

  • 創業40年の老舗
  • 高知駅から電車で7分
  • はりまや橋から徒歩2分
  • 2階には座敷もあり
  • うな重の安いものなら1,000円程度から

まとめ

おすすめの食べ方は、天然と養殖を食べ比べることです。

うなぎの蒲焼定食(天然)2014年当時4,100円
四万十屋のうなぎの蒲焼定食(天然)

片方だけだと味の記憶が曖昧になりますが、両方を味わうと「歯ざわり」や「脂の香り」などの違いが鮮明に残ります。

うなぎの蒲焼定食(養殖)2014年当時3,300円
四万十屋のうなぎの蒲焼定食(養殖)

出費はそれなりに掛かりますが、それはそれで強く記憶に残ります(笑)。たぶん、一生の思い出になるでしょう。

最後に、お店をまとめておきます。

以上、四国のうなぎ情報でした。

中国・四国