車内アレルギーを撃退!空気清浄機のフィルター交換で爽快ドライブ!



我が家のプリウスには、トヨタ純正の「除菌イオン空気清浄器」が付いています。

でも、フィルター交換のサインが出ても「タイマーリセット」をするだけで交換はしない。ここ数年間、こんなことを繰り返していました。

ちょっと気になって、開けてみてびっくり!

フィルターには、ほこりがびっしりとたまっていました。これでは、アレルギー対策になるはずがありませんね。

そんなことから、意を決して車内アレルギーの撃退のために、空気清浄機のフィルターを交換します。

スポンサーリンク



空気清浄機のフィルター交換

まずは、交換の動画です。

交換後は、タイマーリセットも忘れずにやってくださいね。




交換は簡単

ご覧の通り、交換作業はほんの数分で出来ます。後ろ側の爪を、外したり付けたりするのに少しコツがいりますけど。慣れれば大丈夫です。

しかし、結構なほこりが取れてるものですね。きっとこの中には、ダニの死骸とかカビ菌とかたくさんいるんでしょう。

空気を清浄するどころか、アレル物質拡散器状態になっていたかもしれません。こんなことなら早くやっておけば良かったと反省しきりです。



1年に数回は 掃除を

フィルター交換はしなくとも、せめて1年に数回くらいは掃除機できれいにしておくと、アレルギー対策の効果が長持ちすると思います。

説明書によると「水洗いや<エア吹付けによる清掃はしないように」と書かれています。まあ、掃除機くらいは問題ないと思いますが。フィルターが汚れていると、空気清浄機を付けている意味が無いですからね。




フィルターの 向きに注意!

動画の通り、愛車のプリウスはフィルターの向きが逆についていました。今回が初めてのフィルター交換なので、初めから逆に取り付けられていたと思われます。

トヨタ純正の「除菌イオン空気清浄器」のフィルターは、2つに分かれています。

「エレクトレットフィルター」と「活性炭フィルター」です。

トヨタ純正の除菌イオン空気清浄器フィルター

この製品は、

  1. エレクトレットフィルターで花粉やPM2.5を除去する
  2. 活性炭フィルターで匂いなどをを吸着する
と言う流れになるはずです。ですが、これが逆についていたのですね。まぁ、気にしません。



正しい取り付け方法

正しい取り付け方法です(後部座席から撮っています)。空気は後ろから入って、前から出ていきます。

プリウスの空気清浄器フィルター取り付け方法
出来ることは、自分でやるのがやっぱり一番ですね。今回も勉強になりました。






関連コンテンツ&スポンサーリンク