車でトンネルが怖い?おしり運転でもう怖くない!



私は運転を始めて、かれこれ30年以上が経ちました。それなりに経験は長いので、北海道から九州まで駆け回っても運転に対する不安はありません。

それでも「ちょっと怖いっ!」って感じてしまう道が長いトンネルです。


ハッと気が付くと、中央線に寄っていたりしてドキッ!としてしまいます。

運転年数を重ねても、こんなことはよくあります。疲れ具合や道路の状況などによっては、今でも緊張したり怖いと感じてしまいます。

そんな時には、ある運転方法をおすすめします。

以前に、タクシードライバーの叔父から教わった「秘伝の運転方法」ですが、トンネルを抜ける時には私は今でもこの方法を使っています。


今回は「トンネルで怖いっ!」と感じた時に、おすすめする運転する方法を書いてみます。

  題して ...おしり運転!

私はこれで、トンネルの怖さを克服できました。

効果は絶大ですよ^^

Sponsored Link



おしりを 道路の真ん中に

高速道路のトンネル
想像してください ...あなたは今、高速道路のトンネルを走っています。

右に寄ったり、左に寄ったりフラフラです。

でも、この時に慌ててはいけません。


上手に運転するコツは、次の2つ!

  1. お尻を道路の 真ん中に置く
  2. そして 遠くを見る

高速道路のトンネルで怖くない運転方法
まず「あなたのお尻」を走っている「車線の真ん中」に持って行く意識を持ちます。

車線の真ん中に線を引いて、その上にあなたのお尻を乗せていく感じです。

そして、目線を遠くする。

これが、おしり運転です!

簡単な運転方法ですが、効果抜群なんです。この効果を感じることが、不安を取り除く初めの一歩で「気持ちの持ち方」の大切なところです
気持ちの持ち方について

長いトンネルを運転していると、自分がどこを走っているのかが、分からなくなることがあります。そして、気持ちが動揺してしまいます。

そんな時には、まず「おしり運転」を試してみてください。それでも怖い時には速度を落とすこと。予め対処の方法を用意しておくことが安心につながります。

気持ちが動揺すると、判断力がにぶりますから、対処できることが2つか3つに限られるんです。

でも実際には、中央線や壁面との間隔、車間距離や速度など、気を配らないといけないことが満載ですよね。

そんな動揺した状況でも、冷静かつ安全に走るには、注意点を2つ位に絞るのがおすすめです。


こんな時に役に立つのが、おしり運転です!

おしり運転は、先程の2つのコツをやるだけですから。


ではなぜ、2つのコツでトンネルの怖さが克服できるのか?

その理由を、引き続き説明します。




ぶつかるかも? と思うから怖い

高速道路のトンネルの壁面
狭いトンネルでは、対向車も壁面も近く感じますから、ぶつかるかも!って思うから怖いんですね。

でも、お尻が真ん中にあれば、ぶつかりません。

だって、あなたのお尻が「道路の真ん中」である限り、車は車線からはみ出すことはありませんから
心の余裕が 怖さを克服する

お尻の位置だけに気を配ってさえいれば大丈夫、という安心感で運転に余裕が出ます。その余裕がトンネルの怖さを克服します。

お尻が真ん中にあれば、車は必ず車線の中を走っている訳ですから、中央線との間隔も自然に保たれてます。なので、中央線との間隔を必要以上に気にすることはありません。

さらに、中央線を凝視することによって、引きこまれてしまう感覚も防げます。

そして余裕が出てくれば、目線も遠くに置けます。その結果、目線が近いことが原因の「フラフラ運転」も少なくなることでしょう。


Sponsored Link



中央線に 寄ってしまう?

トンネルの中央分離帯のポール
お尻運転の効果を実感できるのが、中央分離帯に棒が立っている道です。さらにその道が延々と続く場合には、顕著に感じられます。

不思議なことに車って、視線が行っている方に向かって行くんですね。棒にぶつからないようにって、注意すればするほど、中央の棒に寄ってしまいます。

こんな感覚を、経験したことはありませんか?

私は、良くあります。

こんな時こそ「おしりを真ん中に」を意識して「目線を遠く」にしてみましょう。車と棒との間隔を意識しすぎてしまうことが、中央線に近寄ってしまう原因ですから。



中央の棒は 怖くない

ちなみに、中央の棒は「ラバーポール」と言います。文字通り、ゴム(ラバー)で出来ている棒(ポール)です^^

トンネルのラバーポール
鉄の柱が立っていると思われている方もいますが、あれはフニャフニャのゴムで出来ていますから、そんなに神経質になることはありません。

車が万が一接触しても、押されると簡単に倒れて、また勝手に起きあがるように出来ています。

もしも、踏んでしまったら、どうなるのか?

驚きの映像を、見てみましょう!

ご覧のように、バーポールは考えられないくらい丈夫出来ています。少々当たっても、それは想定内なんですね。

まぁ、当たっちゃいけませんけど、それくらいの心の余裕がとっても大切ってことなんです^^

2015年12月27日 追記

読者の方からご指摘がありましたので、追記いたします。

ラバーポールと同じ色の、金属のように「固い素材のポール」が使われている道路があるとのことです。仮に接触すれば、弾き返されることもあるそうです。「必要以上に神経質になる必要はない」と書いてきましたが、接触には十分に注意してください。




最後に

今回は「トンネルの走り方」を書いて見ましたが、怖さが取れるまでには経験も必要だと思います。ぜひ、おしり運転を試してみてください。

決して焦らず、余裕を持って運転しましょう。少しずつ、少しずつ、でいいじゃないですか。

きっと、怖くない日がやってきます。私もそうでしたから^^


また、トンネルについてはこんな記事も書いてます。冬の運転には役に経つと思います。>>> 雪の運転で注意したい場所!知れば防げる3つの心得とは?

Sponsored Link