美瑛観光のモデルコース!おすすめスポットと周り方



北海道の美瑛町には、人生で一度は見ておきたい、
有名な見どころが、満載です!

あの、AppleのMACの壁紙になっている青い池や、
古くは、スカイラインのCMに採用された風景など。

 おすすめの風景が、だくさんあります。


そして、せっかく美瑛にまで行って観光するなら、
少しでも効率が良いコースで、観光スポットを、
たくさん周りたいですよね!

Sponsored Link


ただ、美瑛の観光スポットと言っても、大自然の中に、
あちこち散らばっているので、実際に行ってみると、
探すのが、やたらめったら大変なんです。(-_-;)

カーナビだけで、美瑛のスポットをスムーズに、
周りきるのは、かなり無理があります。


でも、段取り次第では半日〜1日で周れます!




おすすめ観光スポットと スムーズな周り方

下の地図が、美瑛・おすすめ観光スポットです。

地図を、大きくして見て下さい。
美瑛の観光スポットが、一目瞭然です。^^


北から順に、または南から順に攻めるのが、
おすすめのモデルコースです。



* 現地では、Googleナビの目的地として使えます。
* 地図右上のを押して、大きくして下さい。

 押さえておきたいスポットが、11ヶ所あります。
 (地図を拡大すると、分かりやすくなります。)


スムーズな観光のコツは、次の3つです。
  1. 見たいスポットを ピックアップする
  2. 北から順南から順 かを決める
  3. Googleナビを 現地で活用する
そうすればきっと、美瑛の観光スポットを、
スムーズに、思い切っきり周れます。




観光スポットと おすすめ度

美瑛の観光スポットに、実際に行ってみて感じた、
おすすめ度です。

美瑛だったらココだ!ってところを、北から順番に、
サクッとご紹介しますので、付いて来てくださいっ!
絶景スポット(北から順) おすすめ度

  1. セブンスターの木    ★★
  2. 親子の木        
  3. ケンとメリーの木    ★★★
  4. ぜるぶの丘・亜斗夢の丘 ★★★★
  5. マイルドセブンの丘   

  6. 四季彩の丘       ★★★★
  7. クリスマスツリーの木  
  8. 拓真館         ★★★★
  9. 哲学の木        
  10. 青い池         ★★★★★
  11. しらひげの滝      ★★★


1. セブンスターの木 おすすめ度 ★★☆☆☆

美瑛のセブンスターの木 ビューポイントからの距離感
タバコの、セブンスターのパッケージに使われた、
カシワの木です。

この木のあたりは、手芸で言うパッチワークの様な、
色違いの、畑の風景が広がっています。


駐車場もあって、木のすぐ下まで歩いて行けて、
記念撮影も、気兼ねなく出来ました。



2. 親子の木 おすすめ度 ★☆☆☆☆

親子の木
両側の木が、お父さんとお母さん

真ん中に、子供の木がいます。

子どもの木は、少しずつ成長しているそうです。^^

木の近くには農道しか無いので、車では、
近くにはいけませんし、駐車場もありません。


美瑛の親子の木 ビュースポットからの距離感
ビュースポットからの、実際の距離感は、
こんな感じです(ちょっと遠いっ^^;)。

遠くから見た方が、親子に見えていいかな?

路上駐車になるので、短時間停車です。



3. ケンとメリーの木 おすすめ度 ★★★☆☆

ケンとメリーの木

日産スカイラインの、テレビCMに使われました。
 いつ〜だって、どこに〜ぃだって♪
 (Buzz/ ケンとメリー ~愛と風のように~)

このメロディを覚えている方は、そこそこご年配
...ですね。(昭和47年だそうです)^^;


ケンとメリーの木に展示してあるケンメリとスカイライン・ジャパン
ケンとメリーの木の横には、お店(有料)もあって、
敷地の中には、スカイライン・ジャパン(動く?)と、
ケンメリが展示してありました!


ケンメリとスカイラインジャパン
左がケンメリの後ろ姿、右がジャパンです!

おぉぉ...丸いテールランプが懐かしい〜!


ケンメリのテールランプを眺めながら、ひとしきり、
昔話に、花を咲かせててしまいました。^^

あるんですよねー!色んな思い出が...。^^


スカイラインファンの方は、ぜひっ!


駐車場もあり、カレーなどの軽食も出来ます。



4. ぜるぶの丘・亜斗夢の丘 おすすめ度 ★★★★☆

ぜるぶの丘
ケンとメリーの木の、すぐそばのお花畑の公園です。

展望台があり、そこに登った美瑛らしい鮮やかな、
お花のジュウタンの景色が、忘れられません。

また、有料ですがバギーやカートのコースがあって、
お子さんと乗れば、楽しい思い出になりそうです。


ただ、ここは美瑛の自然が作った景色ではなく、
スタッフの方々の努力で、作られている公園です。

メインがお花だけに、時期でおすすめ度が変わります。
(6月までは、ほとんど花がないそうです。)

ここの部分は、美瑛の自然と観光地との違いを、
理解した上で、楽しまれる事をおすすめします。

駐車場もあり、入場無料です。



5. マイルドセブンの丘 おすすめ度 ★☆☆☆☆

マイルドセブンの丘
タバコの、マイルドセブンのパッケージに、
使われた丘です。

丘の上には、カラマツ林が綺麗にならんでいます。
さすがに、パッケージっぽい風景ですね。


マイルドセブンの丘 ビューポイントからの距離感
ここは、遠くからでした。

夕日の時刻に行くと、特に素晴らしいらしいです。




前半は ここまで!

ここまでが、おすすめ観光スポットの北側半分です。

北側半分は、南側半分に比べて移動距離が少ないので、
比較的、周りやすいと思います。


では、美瑛一番の見どころがある南側のスポットに、
張り切って、行ってみましょうー!^^

Sponsored Link



6. 四季彩の丘 おすすめ度 ★★★★☆

美瑛の四季彩の丘
起伏のある丘に、広がるお花畑が素晴らしい。

「四季彩の丘」の名の通り、四季折々のお花が、
畑を彩ります。(冬は雪ですけど^^;)。

ここも、ぜるぶの丘同様に作られた景色だけど、
それを、忘れせてくれる程に綺麗!


美瑛の、地元の素材を活かしたソフトクリームや、
ジャガ芋のコロッケなどが、おいしい。

また、有料ですが花畑の中を、トラクターに乗って、
園内を回れるのも、お子様連れにはいいです。

乗り物好きにとっては、トラクターに乗るのは、
めったにない機会だけに、体験しておきたいですね。

駐車場あります。



7. クリスマスツリーの木 おすすめ度 ★☆☆☆☆

クリスマスツリーの木
クリスマスツリーに、非常に似ているから、
クリスマスツリーの木です(そのままかいっ)。

おぉ~、確かに雪でも積もったら、
クリスマスツリー、そのものですね。

駐車場はありません。

道も狭いので、やはり停車には注意です。



8. 拓真館 おすすめ度 ★★★★☆

拓真館
写真家である、前田真三さんのギャラリーです。

2階建ての館内の中には、ため息が出るような、
素晴らしい写真が、いっぱい。

美瑛や富良野でも、なかなか見る事ができない、
切り取られた、一瞬の表情も堪能出来ます。


特に、写真好きの方であれば、作品の息づかいから、
涙が出てしまうのでは?

信じられませんが、入場無料です。



9. 哲学の木 おすすめ度 ★☆☆☆☆(予想)

この木だけ、見るのを飛ばしてしまいました。

残念...。


(2016年2月26日追記)

ニュースによると、哲学の木は2016年2月24日に、
伐採されてしまったそうです。

古木だったことや、一部観光客のマナーの悪さに、
所有者の農家さんが、決断されたそうです。

美瑛に限らず、マナーは守らないといけませんね。



10. 青い池 おすすめ度 ★★★★★

北海道の青い池
今回、ご紹介している観光スポットの中で、
おすすめ度が、最高得点!

この青い池の風景は、ビエイブルーと呼ばれていて、
スティーブ・ジョブズ時代の、MACの壁紙に、
採用された事は、あまりにも有名です。


観光で、いろんな景色を見てきましたが、
ここはトップクラスですね。

美瑛観光の中では、外したくないスポットです。

他の観光地では見られない、息をのむ神秘さが、
なぜだか、ここにはありますから。


ただ、金、土、日曜の午後は、道が数キロに渡って、
渋滞することもあり、時間が掛かるそうなので、
注意が必要です(特に連休)。

観光時間が少なめの方は、南からのコースで周ると、
時間が押しても、青い池を見逃す心配がなくて、
安心でしょう。


駐車場はありますが、トイレはありません。



11. しらひげの滝 おすすめ度 ★★★☆☆

しらひげの滝
青い池の近くなので、セットで周りましょう。

しらひげの滝のすぐ脇に、橋が掛かっていて、
その橋の上から、間近に見ることが出来ます。

そんなに、驚くような大きな滝ではありません。


ただ、この川の水が青い池に流れ込んでいて、
そのことを想像すると、興味が湧いてきます。

橋の上から覗くと、上の写真のままの景色を、
見ることが出来ます。

確かに、川の水の色が青いですよねー。


駐車場はありませんが、短時間なら、
橋の手前に、数台止めることが出来ます。

休日の混雑時や、滝をゆっくり見られたい方は、
白金観光センターの駐車場が、利用出来ます。
(歩いて2〜3分です。)




最後に

今回ご紹介した観光スポットは、お店を除いて、
そのほとんどが、私有地に有るものです。

駐車場がない場合は、道路に車を止めて、
記念撮影や、景色を楽しむ事になります。

なので、近隣の方や農業を営んでらっしゃる方々の、
邪魔にならない様に、気を配りましょう。


また、新千歳空港から、青い池に行かれる場合は、
車での行き方の、詳しい記事も書いてます。

どの、アクセスルートがいいかは様々ですが、
移動時間や、運転の疲れ方が違いますよ!

参考にしてください。^^

北海道の青い池!アクセスはどれがいい?

Sponsored Link