北海道・美瑛町の青い池!新千歳空港からレンタカーでのアクセス3選



新千歳空港から「美瑛町の青い池」まで、レンタカーで行ってみました。実際に行ってみたら、これが結構遠いんですよね。空港から高速をかなり走りました。

そして、その時悩んだのがアクセスルート!

移動時間は通る道によって変わります。なので青い池に行く予定がある方は、あらかじめルートの検討をされておくことをおすすめします。

今回は、北海道旅行をしながら実際に走った感想をご紹介します。参考にしてください。


スポンサーリンク



アクセスルートは この3つ

新千歳空港(左下A)から美瑛の青い池(右上B)までのアクセスは、次の3つに分けられます。


  1. 旭川鷹栖インター経由(上のルート)
  2. 三笠インター経由(中のルート)
  3. 占冠インター経由(下のルート)
3つのルートには、それぞれに特徴があります。上のルートから順に説明していきます。



1. 旭川鷹栖インター経由のアクセス

旭川鷹栖インター経由は、地図上では一番上の「旭川を通るアクセスルート」です。青い池まで約3時間です。

このルートの良さは、道が分かりやすいこと。

空港そばの千歳インターから高速道路に乗って、旭川鷹栖インターで降りるまでずっと高速です。

下道を走る区間は、旭川鷹栖インターを降りてから美瑛駅周辺まで40分程ですから間違えにくいですね。美瑛駅あたりから青い池までさらに20分程度です。

ただ新千歳から旭川まで」ずっと高速なので、北海道の山道を思いっきり走りたいと思われる方には物足りないかもしれません。

それから、3番目のルートの占冠インター経由(最短)に比べると、距離が長い分30分くらい時間が多く掛かるはずです。我が家の場合は道の分かりやすさを重視して、行きはこのルートを選びました。もちろん間違えずに行けましたよ。



2. 三笠インター経由のアクセス

北海道の桂沢湖
三笠インター経由は、真ん中のルートです。青い池まで約3時間ですから、1番目にご紹介した旭川鷹栖インター経由と時間はほぼ同じです。

道自体は「坂道のアップダウン」や「クネクネとしたコーナー」が多いので、山岳コースをドライブしたいっ!と思われる方におすすめです。

ただ1車線のところが多くて、前を走っている車が遅い場合は自分のペースでは走れません。

美瑛からの帰りに我が家も通ってみましたが、そこだけは「ちょっぴりストレス」になりました。


それから、ルートの途中に「ワカサギ釣り」で有名な、桂沢湖があります(周囲は60㎞もあります)。アンモナイトの化石が沢山あるそうですから、お子さんと一緒なら良い勉強の機会になるかもしれません。

紅葉の時期なんかは、このルートが良いかもしれません。ここならではの素晴らしい景色が楽しめそうですから。



3.占冠インター経由の アクセス

富良野への道
占冠インター経由は、一番下のルートです。青い池まで約2時間半なので最短です。後日、富良野の観光でこのルートを走って見ましたが、下道も走りやすくて快適でした。

峠を越えなければいけませんが、意外と緩やかな道でした。なので、運転は心配ないと思います。

富良野までは道幅が狭いところもあって、気を使いますのでご注意を。また距離は最短なのですが、混雑する場所もあります。場合によっては、他の2つルートと所要時間は変わらなくなってしまうかもしれません。


それから、ナビのデータが古いと注意です。このルートで使う道東自動車道は、思ったより新しい道です。なのでナビのデータが古いと、この道を案内してくれません。

もしこのルートを使う場合には、出発前に「ナビが対応しているかどうか」を確認して下さい。高速に乗った後に気がついたら慌ててしまいます。


スポンサーリンク



空港のレンタカーは 時間に注意!

新千歳空港のレンタカー受付カウンター
新千歳空港でレンタカーを借りる時には、ちょっとした注意が必要です。というのも、成田空港みたいに空港内カウンターで手続きを済ませてすぐ車には乗れません。

空港内にはレンタカー会社のカウンターが並んでいます。ですが、そこは最初の手続きをするだけです。

その後、空港からそれぞれのレンタカー会社まで、シャトルバスやお迎えの車で移動することになります。


つまり実際に車を借りて移動開始出来るまでは、最低でも30分位は見ておいたほうがいいですね。

その後の「スケジュールがバシッと決めてある」なら頭にいれておきましょう。


そして、レンタカーで北海道を走って感じたこと。

北海道はとてつもなく広いっ!」


何が言いたいとかと言うと、観光の移動時間等は「初めっから、おおらかなスケジュールを立てることが非常に大切」だと感じました。

スケジュールが押すと正直運転が辛くなってきます。なんだかんだと遅れてしまうので、ゆったりとした気構えで走りましょう。



道のりの最後には、青い池の感動が待っています!

北海道の青い池
感動のビエイブルーが、私達家族に取って「忘れられない思い出」になったのは言うまでもありません。

レンタカーでの美瑛観光は下準備が大切です。北海道は本当に広いので、時間がおして計画だおれにならないようにご注意しましょう。

我が家が実際に走り回ったデータを残していますので、レンタカーで行かれる方は参考にしてください。⇒ 美瑛観光のモデルコース!おすすめスポットと周り方







関連コンテンツ&スポンサーリンク