タイヤ交換の持ち込み工賃は?スタンドが穴場だっ!



%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%8b%e3%82%99%e9%9d%9e%e5%af%be%e7%a7%b0%e3%81%aa%e8%bb%8a%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a4
最近は、ネット販売のタイヤが安いですね! タイヤ交換の価格を安くしようと思ったら、ネットで買って持ち込みで交換をするのが1番安いと思います。

タイヤの金額にもよりますが、4本とも交換すれば1万円くらいは平気で安くなります。

ただ、問題なのは「持ち込みの工賃」です。

持ち込みの工賃が高いと、せっかく手間暇かけて交換を済ませても「苦労の割に合わなかった!」ってことになります^^;

少し前までは「スタンドに持ち込んで交換」すると、工賃は通常の2倍くらいになるのが相場でした。それでも合計では、なんとか安くできていたんですけどね。


ところが、つい最近プリウス仲間と話していると「なにーー!」っというような情報を聞いてしまいました。

「それって 今までの相場の半額じゃんっ!」

こんな言葉が、思わず口から出てしまいました。それにしても節約家の彼の情報網には、いつも頭が下がります。

そんなことで今回は、ガソリンスタンドの持ち込み工賃が、意外にも安くて「穴場だったんだ〜」って話です。

Sponsored Link



タイヤ交換の 格安持ち込み工賃

格安スタンドの、持ち込み工賃がこれです。

 1本4本
脱着・組み換え1,080円〜4,320円〜
バランス調整込み込み
ゴムバルブ250円1,000円
タイヤ廃棄料257円1,028円
工賃合計1,587円6,348円
「195/65R15」の例ですが、かなり安いでしょ?

この工賃の例は、ガソリンスタンドの宇佐美さん。全国に400箇所以上あるスタンドなので、あなたもご存じと思います。

車種による取付価格について

  • 工賃は「195/65R15」で計算していますが、大きなサイズでも5割増しくらいです。
  • また、ワゴン車等の場合はちょっと割増になります。取付店によっても金額が変わる可能性がありますので、電話等にて事前にご確認下さい。



  • う〜ん ...私が今まで持ち込み交換していた所の、ほとんど半額(ガ~ン!)。近所にある宇佐美のスタンドが、意外にも穴場だったんです。


    経験上、ガソリンスタンドの持ち込み工賃はもっと高めです。

    スタンドの相場(バランス込み)

    • 安くて 2,000円〜/1本
    • 高くて 3,000円〜/1本

    そして「タイヤ廃棄料や ゴムバルブは別料金」って所がほとんどでしたので、その料金はさらに上乗せされます。もっと高いスタンドもありますが、その場合は暗に「持ち込みはやりません」って意思表示でしょう。

    その昔は「スタンドで持ち込み交換すると それなりに高いでしょっ」て思っていたら、宇佐美の「持ち込み工賃」には、そんなイメージを思いっきり払拭させられてしまいました

    知らないって 損っ! (T_T)


    ただし、この持ち込み工賃には条件があって「持ち込むタイヤをアマゾンから購入しないとダメ」なんです。

    そこのところを、もう少し詳しく説明します。




    持ち込みタイヤは Amazonだけ

    宇佐美に持ち込んで、先程の工賃で交換できるのは「Amazon.co.jpが販売・発送」する新品タイヤだけ

    価格コムなんかで見つけた激安店は使えません。さらに同じAmazonでの購入だとしても「マーケットプレイス(Amazonでないお店)」はダメなんです!


    購入時に注意するところは販売と発送元です。ここが、「Amazon.co.jpが販売、発送します」と表示されていればOKです


    アマゾンでのタイヤ購入時の注意


    つまり、Amazonに出品しているお店ではなくて「Amazonから直接買ってね!」って訳なんです。


    Amazonが出品しているタイヤ

    出品されているタイヤは、ブリヂストン・ヨコハマ・ダンロップ、それからミシュランなどの海外ブランドからアジアの格安メーカーまで幅広くそろっています。

    Amazonが出品しているタイヤ一覧のリンクを貼っておきます(クリックするとAmazonのページに飛びます)。

    >>> Amazonが出品しているタイヤ一覧


    Amazon検索のポイント

    Amazonのページで、安いタイヤを探すにはコツがあります。ページの左側のディスカウントの値引率をクリックすれば、激安のタイヤが探しやすくなります。もちろん、タイヤサイズ等でも自由に絞り込みができます。



    さすがの Amazon! 宇佐美鉱油と提携していたんですね。持ち込み工賃を安くできたのは、おそらくこんな理由でしょう。

    • Amazonは 安く売れるけど交換できない
    • 宇佐美は 交換はできるけど安く売れない
    • 提携すれば WinWin
    • エンドユーザーに利益還元

    この仕組みで、タイヤ交換の持ち込みに対するハードルが下がったのは間違いありません

    今までは持ち込みの行為自体に、なんとなく罪悪感を感じさせる風潮がありましたからね。大手がこんな風に正式に対応してくれれば、安心してお願いすることができます。

    宇佐美の予約と場所について

    持ち込みの手順については、宇佐美鉱油のホームページで確認して下さい。ネットから申し込みができます。

    >>> 宇佐美のスタンド:Amazon.co.jpで購入したカー用品の交換・取付

    また「宇佐美ガソリンスタンド」の場所はこちら。電話番号も分かります。

    >>> 「お近くの宇佐美サービスステーション」の検索


    取りあえず、気になることは「最寄りの宇佐美」に問い合わせをすることをおすすめします。私の場合は急な電話にもかかわらず、すごく気さくで親切に対応していただけました^^


    オートバックスでも持ち込みはできる

    ちなみにオートバックスでもアマゾンで買ったタイヤを持ち込めます。工賃については「1,500円〜」と宇佐美に比べて若干高めの設定がされています。

    でも私を含めて、みなさんが利用しているショップなので安心感がありますね。

    >>> オートバックス:Amazonで購入した用品の取付・交換サービス



    Sponsored Link



    ネット購入での 面倒さや不安感について

    パソコンのキーボード
    Amazonなどでタイヤを購入するというのは、今までの感覚からすると「面倒な気持ち」が拭えないと思います。

    というのも、その昔は通販でタイヤを購入したら、一旦自宅で商品を受け取ってから「自分の愛車で運んでいた」ものです。

    ■ これまでの苦労話

    昔はやってたんですよねー、自宅でのタイヤの受け取りからスタンドへの持ち込み運搬も。4本になると大きくて重いので大変でした。

    この作業がネットや電話だけで済むのは、それまでの苦労を考えると大助かりです。


    ただ、今は違います。Amazonで購入したタイヤは「自宅ではなく スタンドへ直送」することが可能です!

    タイヤを配送業者から受け取る手間はありません。持ち込みのために、タイヤをスタンドまで自分で運ぶ必要もありません。その代わりに、直送なので代引は利用できなくなっています。


    それから、通販ですから「スタンドに行くまで タイヤの実物は見られない」ということです。実際に自分の目で確認するまでは、ほんの少しですが不安です。

    もっとも、Amazonのアフターサービスの口コミを眺めていると、さほど心配はいらないのかもしれません。

    Amazonのアフターサービスは高評価

    通販ならではのマイナスな材料もありますが、Amazonでは「カスタマーレビュー」がたくさん記載されています。つまり商品の善し悪しは、このレビューで判断すれば良い訳です。

    また、ご存じかもしれませんがAmazonのアフターサービスは神対応との評判なので、これまた安心です。気になる方は、Amazonのレビューを精査されることをおすすめします。


    今まで当たり前とされていた「昔ながらの持ち込み料金」は、ネット社会の実績と評価で、しだいに打ち消されてしまうんでしょうね。ちなみに私の周りでも、すでになくなりつつあると感じています。




    最後に

    ネットでのタイヤ購入は、なかなか踏み切れないものです。私も最初はそうでしたから。でも、Amazonの品揃えを見てしまうと検討しない理由はありません。タイヤの「取り付け提携」は、ちょっとした革命ですね。

    それから、タイヤの通販といえば「日本版・通販ショップ」も外せません。

    >>> タイヤ通販のおすすめなら?特徴が際立つショップBEST3!

    激安店ならではの注意点もありますが、格安タイヤをご検討ならぜひご一読下さい。

    Sponsored Link