塚原高原の観光マップ!絶品ランチ〜ゆったりカフェ〜珈琲みやげまで



塚原高原は、湯布院の金鱗湖から車で15分程度のところにある高原です。場所が高原だけに涼しい観光が楽しめます。

  • 「夏の湯布院観光で 涼しい観光がしたい」 とか、

  • 「人混みを離れて ゆっくりと過ごしたい」 とか、
そんなワガママを、かなえてくれる高原です。今回は、塚原高原周辺の、ランチからカフェ、それからお土産にもってこいのコーヒー屋さんをご紹介します。


スポンサーリンク



塚原高原・観光マップ

湯布院観光から塚原高原へのドライブ。由布院から塚原高原へ向かって、峠をグングン登っていくこと約15分。だんだん空気が涼しく感じられてきます。空気も澄んでいて、さすがに高原って感じです。

塚原高原が初めての方は、まずは塚原高原観光協会の観光案内所へ。高原の「あんなとこ」や「こんなとこ」の見どころを説明してくれます。

塚原高原 観光案内所
この観光協会は、自転車のイベント「YUFUIN RIDE」の給水地点にもなっています。

由布岳でも見ながらドライブするもよし。いろんなお店を探しながら散策するもよし。疲れを取りたい方は塚原温泉。この温泉は火口見学もあります。体験好きな方は、体験工房でオパールを磨くなんてことも出来ますよ。

それから、グーグルマップです。右上の□をタップすると大きな地図が見られます。この記事でご紹介するスポットを登録していますので、ぜひご活用ください。





おすすめランチは「レ・ビラージュ」

観光協会さんから、さらに北に登ること15分。フレンチが美味しい「レ・ビラージュ」さん。みるく村の中にあります。

みるく村のレ・ビラージュ
おぉ、大自然の中に立つログハウスが雰囲気抜群です。駐車場も広く困りません。


期間限定のバルウォーク

このお店を見つけたのは、「塚原バルウォーク」がきっかけ。

塚原バルウォークとは、3枚綴りのお得なチケット(2,700円)を買って、塚原高原を存分に楽しもうという企画です。


2014年を例に上げると、2回に分かれて実施されています。

  • 2014年5月31日(土)〜2014年6月2日(月)
  • 2014年6月7日(土)〜2014年6月9日(月)

  • この共通チケットは、バルウォークの参加店であればどこでも使えます。毎年恒例ですね。

    塚原バルウォークのチケット
    早速、チケットを使ってフランス料理のランチタイムです。

    このチケット1枚(700円)でワンプレート・ランチがいただけます。この日は3人でおじゃましたので、ジェフの苦労も考えず3種類を注文。

    肉(子羊)、魚、鶏の3つです。


    肉好きな人へのワンプレート

    子羊が柔らかく仕上がっていていい。フレンチな気分になれて幸せです。この日1番のお気に入りです。

    レ・ビラージュの肉料理

    魚好きな人へのワンプレート

    お店の奥さんの一押しはこれ。サッパリとした白身魚(ヒメジ)がいいです。このヒメジ、フランス料理ではルージェと呼ばれていて魚料理の代表的食材らしいです。

    レ・ビラージュの魚料理

    鶏好きな人へのワンプレート

    肉好きな私にとっては、これもいい。皮はパリっと肉はジューシーに仕上がっています。

    レ・ビラージュの鶏料理
    これで700円。これって赤字でしょ...と思っているあなた。

    いいえ、まだまだです。しっかり、スープとパンもセットになっています。

    レ・ビラージュのスープ・パンセット
    この日のスープは冷製グリーンピースのポタージュでした。冷たいのどごしが、カリッと焼きあがったパンを引き立てます。

    バルウォークとは言え、コストパフォーマンス良すぎです。福岡のバルウォークで、この料理が出たら間違いなく1〜2時間待ちでしょう。


    女子会なんかにも

    バルウォーク期間中でなくて残念〜と感じるのは早いです。逆にゆっくりくつろげると思います。

    ワインを傾けながら、フレンチで女子会なんかもいいですね。ドライバーさんのために、ノンアルコールビールも選べます。通常メニューも本格フレンチから、リーズナブルなモーモードック(ローストビーフ・サンド)や手作りピザまで。

    10名以上だと、貸し切りでパーティなんかも出来るようです。色々楽しめそうですね。

    レ・ビラージュのメニュー
    今度は看板メニューのビーフシチューを頼みたいなぁ。由布院に行ったら、ぜひまた行きたいお店です。




    シフォンケーキでひと休み

    ちょっと寄り道でもしたいときには「ゆふらぎ村」。

    湯布院 ゆふらぎ村
    案内図左下の駐車場に車を停めて「こもれび通り」を歩くと、いろんなお店が出てきます。はっきり言って人は少ないですが、これはこれで落ち着きます。

    ドライブの疲れを取るために入ったのは、12の月というカフェ。12の月は自家製ハムとパンのお店です。

    お腹は空いていなかったので、選んだのはシフォンケーキセットとスムージー。ケーキはすごく柔らかくヨーグルトとあいます。作りたてのスムージーは甘すぎず美味しい。

    12の月 シフォンケーキとスムージー
    かわいい猫ちゃんが、ものすごくリラックスしていました。
    ゆったりとした時間を感じます。


    スポンサーリンク



    おみやげは湯布院映画祭のコーヒー

    湯布院 珈琲木馬
    おみやげに選んだのは、「珈琲 木馬」の炒りたてコーヒー。お店のたたずまいもいい感じ。

    実はこのお店、「湯布院映画祭」にコーヒーを出していらっしゃいます。この映画祭は、現存する日本の映画祭では最も歴史があるそうです。


    コーヒーの名前は、そのまま「映画祭ブレンド」

    湯布院の珈琲木馬 映画祭ブレンド
    マスターに、おいしい「映画祭ブレンド」の入れ方を教えてもらいました。

    • 豆は粗挽きで
    • お湯の温度は85度〜90度
    おみやげに買うななら、ぜひ参考にしてください。


    それから、コーヒー豆と一緒に「奥様手作りのクッキー」もセットで。

    湯布院珈琲木馬のクッキー
    苦味のあるチョコとかすかな塩気。ザクッとした歯ざわりが感じられる固めの生地とナッツの風味。鼻から抜ける塩チーズのかおりもいい。それぞれ美味しくいただきました。

    由布院観光の人込みに疲れたら塚原高原。夏には高原の涼を楽しめますよ。ゆったりとした時間と、高原の涼しさに癒やされた1日でした。






    関連コンテンツ&スポンサーリンク