タイヤワックスでひび割れ?油性・水性・メーカー対抗おすすめメンテナンス



タイヤにひび割れは、気持ちのいいものじゃあありませんね。「タイヤワックスが悪かったかな?」とか「油性と水性どっちがいいの」とか、正しい方法が分かりません。

だったら車を売ってるメーカーの、おすすめしている方法がいいんじゃない? ということでメーカー別に調べてみました。


スポンサーリンク



日産の場合

タイヤワックス1
日産ドライブナビに、タイヤのメンテナス方法が載ってます。⇒日産ドライブナビ



1. たわしで洗う

たわし? ですか。持ってる人いますかね。確かにタイヤをきれいにすることはいいことですけどね。


2. タイヤワックスをかける

サイトの写真を見ると、泡状のスプレータイプを使っています。仕上げは乾拭きで終了。日産はムースのスプレータイプがおすすめなのかな?


3. ホイールハウスにもタイヤワックス

驚いたのは、タイヤハウス(ホイールハウス)までタイヤワックスで掃除しています。これは今まで思いつきませんでした。

ここでタイヤワックスの汚れ落とし効果をうたっていますので、そういった成分が入っていると思われます。油性水性の記述はありません。

しかしよく見ると「地面との接地部分にも忘れずにスプレーするように」との説明があります。このことから水性の可能性が高いですね。




トヨタの場合

トヨタのカーケアサイトに、タイヤコートの情報が載っています。ここではひび割れ防止効果をうたっています。⇒ トヨタのカーケアサイト



トヨタのタイヤコートは油性

調べてみるとありました。超耐久タイヤコートとの商品名で売られています。透明なゴムをタイヤの表面に、コーティングするタイプですね。

超耐久タイヤコート
でも油性なんですね。ネットで調べると、水性の方がタイヤにやさしい!との情報が多いんですけど。いいんですか? トヨタさん。いい〜んでしょうねぇ。




ホンダの場合

ホンダのサイトではHonda車専用の、メンテナンスアイテムが載ってます。


ホンダ純正アクセサリー

  • タイヤクリーナー(泡タイプ)
  • 汚れ落とし&ツヤ出し

  • タイヤコート
  • ツヤを持続

  • タイヤ&合成レザーワックス
  • ツヤ出し&ホコリ防止
すべて、成分の記述はありません。3種類も使うんですね? ホンダさん。



ホンダのタイヤコーティング

ホンダのタイヤコーティングはワックスとは、違って耐久性のあるアクリル樹脂の皮膜でコーティングするとのこと。紫外線などを防止して驚きの美しさが、6ヶ月持続するらしい。

それではアクリル樹脂というものは、油性・水性 どっち?

アクリル樹脂で調べてみると、どっちも、あるんです。ネットの情報だけでは、油性水性の判断がつきません。




頼みはブリヂストン

タイヤとホイール
車のメーカーサイトを色々見てみましたが、結局車のメーカー別メンテナンスでは油性・水性引き分けです。

それではタイヤメーカーはどうか? と言うことで調べてみると、ブリヂストンのサイトにありました。

まとめると、

  • 油性
  • 石油系溶剤を含むものは、ゴムの変質や劣化に影響があるものがあるので注意が必要。

  • 水性
  • 水溶性のほうが、ゴムの変質・劣化に影響が少ないと言われている。
油性がダメ!とは言い切っていませんが、水性の方がおすすめのようです。また、タイヤの艶出し剤の中には、ひび割れの原因になるものがあると注意を促しています。




さいごに

ブリヂストンではひび割れの原因として、タイヤの空気圧不足も原因になると書いています。空気圧が不足するとひび割れが、ひどくなるとのこと。

考えてみれば、タイヤのたわみが大きくなるとワックス以上に影響が大きいのかもしれません。やっぱり日頃のメンテナンスが大切なんですね。






関連コンテンツ&スポンサーリンク