節分の由来とその意味!



節分の由来と、その意味をご存知ですか?

お子さんとの楽しい節分も、その由来意味を、
教えてあげると、お子さんはぐ~んと成長しますよ。^^

2月3日は、節分の由来と、意味を教えてあげる、
絶好のチャンスです!


ここはひとつ、大人の私達が節分をよく理解して、
日本の文化を、子供たちに伝えていきたいですね。


という訳で、

古くから伝わる良き文化、節分の由来意味です。

Sponsored Link



1. 節分とは

そもそも節分とは、何なんでしょう?


節分とは...

季節の始まり(春・夏・秋・冬)の、最初の日である、
立春・立夏・立秋・立冬の、前日を指します。

季節は、春・夏・秋・冬と、4つありますから、
節分も、年に4回やってくる訳です。


春夏秋冬

その4回の節分は、それぞれの季節によって、
春の節分、夏の節分、秋の節分、そして冬の節分、
と呼ばれています。
  1. 春の節分 (立夏の前日) 5月4日
  2. 夏の節分 (立秋の前日) 8月6日
  3. 秋の節分 (立冬の前日) 11月6日
  4. 冬の節分 (立春の前日) 2月3日

また節分は、季節が始まる前日、ということは、
言い換えれば、季節の終わりの日になります。


例えば、春の節分は、立夏の前日なので、
その日は、春最後の日になります。

  • 春の節分は、春の最後の日
  • 夏の節分は、夏の最後の日
   ・
   ・

つまり、節分は季節の分かれ目なんですね。


節分とは何かを、一言でまとめると...

ける最後の日...なので節分なんです。




2. 節分の由来と意味

では、節分の由来とは、どんなものなんでしょう?

節分の由来を知るには、節分に行われる行事の意味を、
理解するのが、一番の近道です。

そのためにも、節分の行事の意味から見てみましょう。



節分の意味

猫の巫女さん
その昔...

悪い事が起こったら、その季節のうちに、
払い落とすのが良いと、考えられていました。

なので、季節の終わりである節分には、おはらい
と呼ばれる儀式で、悪い事を払い落としていました。

その季節のことは、その季節のうちに終わらせる。

年に4回行われていた、節分の行事には、
そんな意味が、込められていたのです。


子供にとっては、

悪いの、悪いの、飛んでけ〜!

と言ったところですね。^^


しかし、現代の節分は、年1回になっています。

不思議ですよね?



節分の由来

1年の終わり
昔は、1年の始まりは立春(2月4日)でした。

と言うことは、1年の終わりは、立春の前日。
そうです、1年の終わりは、冬の節分でした。

冬の節分は、今の大晦日と同じなんですね。

1年の最後に、1年間のをきれいに落とす...。

こんな事を、昔の人は考えていました。

誰だって、その年にあった悪いことは、
次の年に、持ち越したくないですからね。



また、別の説としては...

昔の占いによると、冬の節分は季節の変わり目であり、
この時期には悪いことが、起こるとされていました。

1年で最も寒い時期なので、体調を崩さない様に、
気を引き締める、という意味もあったのでしょう。


この悪いことを、自分達から追い払うために、
節分の行事が、行われるようになりました。

この場合は、すでに起こってしまった事ではなく、
今から起ころうとしている悪いことを、事前に、
追い払おうとしているわけですね。


この2つを、まとめると...
  • 過去の悪いことは 年内に払い落とす
  • 未来の悪いことは 起こる前に追い払う
こんな理由から、1年の最後の日である、
冬の節分は、特に大事にされていたようです。

大事にされていたからこそ、冬の節分の風習だけが、
現代の節分に、今でも引き継がれているのです。

Sponsored Link



3. お子さんに教えてあげるには?

冬の節分が、旧暦でいうと1年最後の日って、
子供たちには、ピンと来ないかもしれません。

そんな時には、こんなお話をしてみてはいかがですか?


節分のお話

節分のおはなし

むかしむかし、あるところに、
えらいお坊さんが、住んでいました。

お坊さんは、1年で1番寒い日を知っていました。

それは、節分の日(2月3日)です。


そして、お坊さんは、一番寒い節分の日を
1年の最後
に決めました。

そうすると、明日の正月からは、暖かくなってきて、
1年の始めが、楽しくなるからです。

昔の人が、使っていたカレンダーは、
今のみんなが使っている、カレンダーとは、
ちょっと、違っていたんですよ。


そして、お正月の前の日には、豆まきをして、
悪い鬼を、退治します。
鬼は外〜〜〜 福は内〜〜〜!
悪いの 悪いの 飛んでけー!

そうすると、今までの嫌なことも、悪いことも、
遠くへ飛んでいきます。

良かったねー! これで明日からは、
○○ちゃんの楽しい1年が始まるよ!

めでたし...めでたし。


豆まきについては、こちらをどうぞ。↓
節分の豆まきの由来!子どもの為のお話




最後に

2月3日は、節分って思い込んでいましたけど、
そうでない年も、実はあるんです。

前に説明した通り、今の節分は立春の前日なんです。
したがって、立春がずれれば、節分ずれてしまう。

そんな事が、あるらしいんですね。


立春は、太陽との関係なので、予測は難しいのですが、
過去には、2月4日になった年もあるそうです。


これからの節分でいうと、2025年頃には、
2月4日になる可能性もあるみたいですよ。^^

Sponsored Link