雪の運転で注意したい場所は?危険を回避する3つの心得!



「雪が降ってもスタッドレスタイヤを履いているから、そんなに心配しなくても大丈夫でしょ?」

そう思っていても「冷やっとする瞬間」が必ずやってきます。私も冬の運転経験が浅い頃には、たくさんの冷や汗をかきました。


あの頃にもう少し「冬道の運転の知識」があったなら、危ない経験が少なくなっていたかもしれません

そんな思いをこめて「特に注意したい場所」を、3つお伝えしたいと思います。少しでも、冬の運転に慣れていないあなたの参考になれば幸いです。

Sponsored Link



1. 凍結注意なトンネルの出口

%e5%86%ac%e3%81%ab%e5%87%8d%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%8f%a3
トンネルの中は「外気とくらべて気温が高い」ので、路面が凍結することはほとんどありません。しかし出口付近は状況が一変して、アイスバーンみたいに凍結している時があります

凍結の恐れがある「トンネルの出口」はとても危険です。
長いトンネルを抜けると、そこは事故現場だった。そんな小説に出てくるような光景を、これまで何回も見てきました。

もし通行する順番が変わっていたなら、私が事故の当事者になっていたかもしれません。まさに冷やっとした瞬間です。


こんなリスクを防ぐには、トンネルの出口に差し掛かる前から減速することです。もちろん車間も十分に取っておくこと。油断は禁物です。


心得1:トンネルの出口は手前で減速

出口が見えてきたら早めに減速を始めましょう。出口付近で、あわてて減速を始めても間に合いません。



2. すぐ凍る橋の上

橋の上はすぐ凍ります。なぜなら橋は、地面から離れているため地熱が伝わらないから。地面は結構温かいのです。

気温が下がると、橋の上はすぐ凍結します。

そして下り傾斜のある橋は特に危険です。上りは立ち往生とかで「自分だけの問題」で済むこともありますが、下りは止まらないのでそうはいきません。
いつもの速度で橋の上にかかると、気づいた時にはスリップして操作不能状態になります。ブレーキを踏んでも止まれず、ハンドルを切っても思うように曲がれません。

実際に、橋の上でスリップしてしまうを動画を見てみましょう。思ったよりも簡単にスピンしてしまいます。

見ていただいた通り、一旦滑り出したらどうにもなりません。スタッドレスタイヤでも滑る時は滑ります。


心得2:危険な橋は迂回する

傾斜が強くて凍りそうな橋が分かっている場合は、その道を通らないこと。これも勇気です。そのためにも時間に余裕を持って出かかることが大切です。


Sponsored Link



3. 自転車が元気に走る道

%e8%bb%8a%e3%81%ae%e5%89%8d%e3%81%ab%e9%a3%9b%e3%81%b2%e3%82%99%e5%87%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%9f%e8%87%aa%e8%bb%a2%e8%bb%8a%ef%bc%88%e9%9b%aa%e3%81%ae%e5%a4%9c%ef%bc%89
最近は、車道を疾走する自転車が多くなっています。「おいおいっ」と声が出るくらい、驚くほどのスピードで走っています。

バイクはなんとなく次の行動が予想できるのですが、自転車はとんでもない挙動を示す場合があるから怖い。

歩道を走っていたと思っていたら、突然車道に飛び出してきたり。まぁ、運転免許を持っていない方もいますから、仕方がないことかもしれません。

そして、こちらがどんなに気をつけていても「路面が凍結ぎみ」であれば、自転車の方から突っ込んできます。車も止まれないなら、自転車も止まれないのです。


心得3:自転車には とにかく近寄らない

接触したら即人身事故です。これを避けるには、とにかく近寄らないこと。つまり君子危うきに近寄らずです。





最後に

峠越えの道などでは、慣れたドライバーさんが「後ろからあおる」場合があります。そんな時はイラッとせずに、すなおに先に行ってもらいましょう!

道を熟知しているドライバーさんは「滑る場所」も「危ない場所」も知っているのです。

無理をして、前を走る必要は全然ありません。

  • 自分が安全に 走れる速度で走る
  • 自分が止まれる 車間距離で走る
そんな、心の余裕が必要ですね^^

Sponsored Link