ドラム式の洗濯槽クリーナーなら?おすすめの定番商品とその秘密!



「ドラム式の洗濯槽クリーナー」って、どれを買ったら良いのか迷いませんか? 最近は新商品が目白押しで、選ぶのに迷ってしまいますよね。

ネットのコメントを見てみても「あれは良い」やら「これはダメ」やらと、口コミがひしめきあっています。

我が家も、ドラム式洗濯機を使い始めて約3年半。クリーナー選びでは、ずいぶん苦労しました。当時は目新しい製品に手を出して、失敗することもありましたから。ただ嬉しいことに、最近はそれもなくなりました

と言うのも「定番の洗濯槽クリーナーなら 間違いない」ということが、今までの経験から分かってきたからです。

Sponsored Link

では「洗濯槽クリーナーの定番」とはどんな商品なのか。また選ばれる理由には、なにか秘密があるのか?

知りたくありません? その秘密っ! これは知る人ぞ知る情報ですが、内緒にしておくのはもったいない ..と言うことで、洗いざらい書くことにします^^

特に「初めて洗濯槽の洗浄をする」時には、今からご紹介するクリーナーがおすすめです。だって定番の商品には、定番と認められてきた「それなりの理由」というものがありますから。




おすすめの洗濯槽クリーナー

ドラム式洗濯機にお湯を入れたところ
ドラム式洗濯機の洗濯槽クリーナーなら、おすすめは次の通り。これらが定番の商品です。

  • パナソニック N-W1
  • 東芝 T-W1
  • 日立 SK-1
すべて、それぞれの洗濯機メーカーが推奨している洗浄剤です。


ひとつひとつ、商品を見てみると ...

メーカー洗濯槽クリーナー
パナソニック N-W1
< 1,500ml >

※ レトロ感のある青いパッケージ。形状も業務用のイメージです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Panasonic(パナソニック)洗濯槽クリーナー(塩素系)
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/8/8時点)

東芝 T-W1
< 1,500ml >

※ なんだかパナソニックと似ています。白地の帯がフレッシュな感じですが ...。
日立 SK-1
< 1,500ml >

※ これまた同じ雰囲気のパッケージ。特に形状は、上の2つと丸っきり同じです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

日立 洗濯槽クリーナー SK-1 [SK1]【05P06Aug16】【SUMA】
価格:1510円(税込、送料別) (2016/8/8時点)


どれも地味〜な感じですが、それぞれ優秀な定番商品なんです。なので、この中から「ご家庭の洗濯機と 同じメーカーの商品をお選びください」と言いたいところですが ...

実はこの3つ、どれでも中身は同じなんです!

あっ、さっそく秘密を暴露しちゃいまいました(そんなオオゲサなことでもない)^^;

と言うのも、これらの商品はすべて「ユシロ化学工業」という会社が作っているから。それをパナソニックや東芝、それから日立やシャープなどが自社商品として販売しているので中身も同じなんです。もちろん、洗浄力や洗剤の容量も同じです。
ユシロ化学工業は「工場の洗浄剤や油」などの業務用製品を作っている上場企業(東証1部)。いわばその道のプロなので、製品の信頼性も抜群です。


どうりで「パッケージも似たような感じ」で、それぞれに「全メーカーの洗濯機で使用可」と表示されている訳です。なので、これらの商品であればメーカーにこだわる必要はありません。

もっとも、クリーナーの洗浄力はお墨付きですよ。あわせて「各メーカーが推奨」しているだけあって、安心感もあります。

ここのところを、詳しく見ていきましょう。



おすすめの理由

ドラム式洗濯機の槽洗浄の最中
先程ご紹介した定番商品が、おすすめの理由は次の通りです。

  1. 高い濃度で洗うので 洗浄力も高い
  2. カビを溶かすので トラブルが少ない
  3. 防サビ剤入りなので 安心して使える
順に説明していきます。


1. 高い濃度で洗うので 洗浄力も高い
おすすめしている定番商品は、市販されている「安価な商品」と比べて容量が多いのが特徴です。

先程の3商品はすべて<1,500ml>ですが、安価なものは<500ml程度>と少ないものがほとんどです。

洗濯槽を洗う時には「1本すべてを使いきるのが基本」ですから、容量が多い方が「洗剤の濃度」が高くなります。なので洗浄力も高くなり、カビや汚れがよく取れるという訳です。


2. カビを溶かすので トラブルが少ない
そしてこれらが、塩素系なのも見逃してはいけません。先程の「洗浄力の高さ」と相まって、カビを溶かしてしまうんですね。酸素系のクリーナーが、カビをはがして取るのとは対照的です。

ドラム式洗濯機のカビ取り中にゴミを取っているところ
ドラム式洗濯機では、カビをはがして取るとあまり良くありません。カビをすくう手間が増えるだけなら良いのですが、心配なのは故障です。

カビのカスが洗濯機内部の部品に張り付いて、トラブルの原因になることもあるようですから。

あわせて「はがれたカビで 排水口が詰まらないかな?」なんて、心配する必要もありません。

カビ取りの方法については、別に詳しい記事があります。少し工夫するだけで、すごく落ちますよ。>>>ドラム式洗濯機のカビ取り方法!しつこいカビに悩まされたら


3. 防サビ剤入りなので 安心して使える
さらにこれらは、「防サビ剤入り」なので安心して使えます。
ドラム式洗濯機のドラムは、そのほとんどがステンレス製です。「ステンレスなので サビないのでは?」と思われるかもしれませんが「ステンレスは まったくサビない」ということではありません

クリーナーの中には「ステンレス槽でも使えます」と表示されていたりするのは、このためです。

ただ、防サビについては他の商品でも対応しているものが多くなっています。例えば、ジョンソンのカビキラーでは、

洗濯槽クリーナーの防サビ剤入りの表示
しっかりと「防サビ剤配合」と表示されています。カビや汚れが軽い時には「こんな選択もありかな?」と思って、我が家でもたまに使っています。もっとも「カビの予防」としての意味合いが強いですが。


さて、ここまで「定番の洗濯槽クリーナー」について見てきましたが、新製品にも目を配らないといけません。という訳で、先日Amazonをサクサク検索していたら、ありましたっ。


パナソニックの「ドラム式専用クリーナー N-W2」です。新たにドラム式専用となって、商品名もN-W1からN-W2に変わっているではないですか。

「ふっふっふっ 型番の数字も2倍なだけに 洗浄力もきっと2倍に違いない」..とか妄想をしまくりながら調べてみました。

Sponsored Link



N-W1 と N-W2 ならどっちがいい?

ここで、残念なお知らせです(でもないか)。結局、N-W2の中身もN-W1と同じでした。

ネットで調べても分からないので、直接パナソニックさんに問い合わせたところ ...
私:パナソニックさんのドラム式洗濯機を使っているのですが、N-W1とN-W2のどちらが良いですか?

お姉さん:ドラム式でしたら、N-W2です。ただ中身は一緒です(キッパリ)!

私:■×○▲※△?????

私:では、パナソニックさんのホームページに「風呂水給水ホースも洗う場合は N-W1を使用して下さい」と書いてあるのはなぜですか?

お姉さん:しばらくお待ち下さい ...(まだまだ続く)

などなど、しばらくやり取りをしました。


そして分かったことを、整理してみます。

  • N-W2は N-W1と成分は同じ
  • N-W2の容量は N-W1の半分
  • 洗濯槽だけの洗浄なら N-W2で良い
  • 風呂水給水ホースも洗うなら N-W1
ザックリ言うと「新商品のN-W2」は、N-W1の容量を半分にして価格を下げた商品でした。

つまりメーカーとしては、ドラム式だと「N-W2の少ない容量」でも問題ないと判断しているようです。もともとドラム式は洗濯槽に溜まる水の量が少なく、それでも濃度が保てますので。


ただし、風呂水給水ホースも洗う場合には「容量が多いN-W1」を選びましょう(ホースの内側にもカビが発生します)

なぜなら給水ホースを洗うクリーナー(200ml)を取り分けてしまうと、その分洗濯槽に入れるクリーナーの量が少なくなってしまいます。つまり「容量が少ないN-W2」だと、濃度不足になって洗浄力が落ちてしまうという訳です。

あ〜、これでやっと理解ができました。テキパキと電話で答えていただいたパナソニックのお姉さん、ありがとうございました。




おさらいと まとめ

パナソニックのドラム式洗濯乾燥機
定番の洗濯槽クリーナーについて、もう一度まとめておきます。

  • パナ・東芝・日立の クリーナーの中身は同じ
  • 高い濃度で洗うので 洗浄力も高い
  • カビを溶かすので トラブルが少ない
  • 防サビ剤入りなので 安心して使える
汚れがひどい時には、特に定番商品がおすすめです。


それから、N-W1とN-W2の使い方の違いについて。

  • N-W2の容量は N-W1の半分
  • 洗濯槽だけの洗浄なら N-W2で良い
  • 風呂水給水ホースも洗うなら N-W1
価格は、N-W2の方が少し安価です。


やはり掃除の後は、気持ちが良いものです。そして、その気持ち良さを継続させるためには「ハイターでの除菌」がとても効果的です。これを機会に、お手入れの方法を見直されてみませんか?

日頃のお手入れについては、こちらの記事に詳しくまとめています。ぜひ参考にしてください。>>>ドラム式洗濯機の掃除方法!実録お手入れマニュアル 保存版


最後に、パナソニックのお姉さんからの情報を少しだけ。

「容量が多いN-W1なら 半分ずつ使えば2回使えますよねっ!」と聞いたところ ...

「必ず1回で使いきって下さい!(またもキッパリ)」

どうやらクリーナーを長期間保管していると、洗浄力が落ちてしまうようです。良いアイデアと思ったのに ..残念でした^^; そんなことなら今度は、実家の洗濯機も一緒にカビ取りしてみようかな。そうしたら2回使えますしね。

Sponsored Link