スタッドレスを夏に使用する!それってホントに大丈夫?



スタッドレスタイヤを、夏場に使用された事はありますか?

スタッドレスにも寿命があります。なので「冬タイヤとしてはもう効果がなさそうだから、夏に履きつぶしてしまえっ!」 ...こんな考えが、頭をよぎるのも無理はありません。

ただ、それって本当に大丈夫なのでしょうか?

Sponsored Link


こんな事を書いている私も、過去にスタッドレスを履きつぶした事があります。そうです、夏場でも交換せずに冬タイヤのまま過ごしました。^^;

でも、これにはちょっと注意が必要です。夏タイヤと冬タイヤでは、やっぱり違いますから。


今回は、スタッドレスタイヤを夏場に使用するのは、「あり」なのか「なし」なのか? こんな事について書いてみます。

それから、履きつぶした経験から気づいた「意外な落とし穴」もご紹介します。




スタッドレスの 夏走行は危険?

結論から先に書くと、スタッドレスタイヤを夏に使用するのは「なし」です。あなたが思われているよりも、危険ですから。

危険な理由は、制動距離が伸びるからです。止まるまでの距離が長くなると、それだけ「事故を起こす確率が大きくなる」のは言うまでもありません。


ではどれだけ、夏タイヤより「冬タイヤの方が制動距離が長い」のか? 比較実験を使ってご説明します。危険度が一目瞭然で分かります。

実験内容は、乾いた路面と濡れた路面でのフルブレーキテスト。テストで使われている車両は、ABS装備のプリウスです。



これって ホント! って声がでてしまうほど、スタッドレスの制動距離が伸びています。特に、濡れた路面の差がすごいですね。

実験結果をまとめてみます。

 制動距離距離の差
実験速度時速80Km
使用タイヤ夏タイヤ冬タイヤ
乾いた路面18.8m24.5m06m
濡れた路面19.4m36.2m12m

これらの結果から、スタッドレスタイヤの夏場での使用は、危険性が高い事が確認できます。濡れた路面では、予想以上に危険度がアップしています。

また、ブレーキをかけた道がもしカーブしていたら。もっともっと、危ない体験をするハメになってしまいます。

もちろん走行速度が低ければ、制動距離の差は縮まります。

ただ、たった数メートル ...されどその数メートルで「事故る or 事故らない!」が決まってしまいます。かくいう私も、知らなかったとはいえ反省しなければいけません。これは、自分だけの問題ではありませんから。




なぜ 制動距離が違うのか?

プリウスに積もった雪
では、なぜ冬タイヤと夏タイヤでは制動距離が違うのか? 「ウエット」と「ドライ」に分けて考えてみます。


ウエット(濡れた路面)

スタッドレスタイヤは、冬の環境に焦点をあてて開発されています。特に最近では、氷上性能のアップで各メーカーがしのぎを削っています。そこが、スタッドレスタイヤに求められる性能だからです。

したがってスタッドレスには、パターン(地面と接触する部分)に「細かな切り込み」がたくさん入っています。これは、タイヤが氷を踏んだ時にできる「薄い水の膜」の上で滑らない工夫です。

スタッドレスタイヤのパターン(細かな切り込み)

実はこの切り込み、濡れた路面ではあまり役にたちません。

例えば、轍(わだち)にたまった水たまりを踏んだ時などは、タイヤの下に「水の膜」が出来やすくなります。これは切り込みの影響です。
タイヤと路面の間に「水の膜」が出来てしまうと、極端にグリップ力が低下します。いわゆる「ハイドロプレーニング現象」です。


つまり「細かな切り込み」は、氷上ではメリットになり、濡れた路面ではデメリットになってしまいます。


半面、夏タイヤは氷上性能にこだわる必要はありません。ウエットな路面やドライ路面に、パターンを最適化できる訳です。

夏タイヤと冬タイヤの氷上性能の違い



ドライ(乾いた路面)

スタッドレスタイヤの特徴の1つとして、ゴムの柔らかさが上げられます。柔らかい方が、凍りついた路面をガッチリとつかめるからです。

もうお分かりだと思いますが、この柔らかさは温度が高い夏の路面には向いていないんですね。

スタッドレスタイヤの溝とプラットホーム
タイヤの温度が上がれば、スタッドレスのゴムはさらに柔らかくなります。その柔らかくなったゴムは、路面との摩擦が少なくなり滑りやすくなってしまいます

また、熱に弱いゴムは変形しやすくなり、パターン本来の性能を発揮できません。夏場にスタッドレスで走行すると、「グニャ」っとした感触を感じるのはそのためです。


スタッドレスタイヤは、冬場の安全を考えて開発されたもの。よく考えれば、こんなデメリットがでてしまうのは仕方ありません。夏タイヤと冬タイヤでは、開発の意図が違いますから。

Sponsored Link


それから、もうひとつお伝えしたい事があります。

この記事の冒頭でも書いた通り、私は何度もスタッドレスを履きつぶしてきました。それもワンシーズンだけではありません。

危険だという事をうすうす感じながら、なぜ最初の夏だけで「履きつぶし」をやめられなかったのか? その理由について、触れておきます。


ここまで、読んでいただいたあなたが、

  • 履きつぶしは ダメ派
  • 履きつぶしも OK派

このどちらに、賛成なのか ...その判断は、この後を読んでいただいてからでも遅くはありません。




安全システムは 意外な落とし穴

雨の中の運転
私が「スタッドレスの履きつぶし」をやめられなかった理由。

それは「危険を肌で感じられなかった」からです。


最近の車は、ハイテクを駆使しています。ABSとかTRCとか。こんな安全システムに支えられて、私達は運転をしています。
  • ABS:アンチロック・ブレーキ・システム
  • 急ブレーキをかけても、タイヤがロックして滑らない様にコントロールするシステム。

  • TRC:トラクション・コントロール
  • タイヤが滑ってふらつきそうな時に、4つのタイヤの空転を制御する事。

すべての車がそうだとは言いません。ただ、多くの車が可能な限りのコントロールをしてくれています。言い換えれば、その時のドライバーは危険な状態にある事に気づきにくいんですね。

平たく言えば、こんな事です。

  • タイヤが滑りそうでも ABSが効いて滑らない
  • 車がふらつきそうでも TRCでふらつかない

ここで、気を付けなければいけない事は ...
滑る感覚がなくても タイヤの限界は超えている!


ABSが効いていれば、タイヤが完全にロックすることはまずありません。ロックする直前が、ブレーキの効きが一番良くなりますから、ABSはそんなコントロールをする訳です。その代償として、ドライバーは滑る感覚が少なくなります

「安全システムは 意外な落とし穴」と表現したのは、こんな経験上の感覚をお伝えしたかったのです。少なくとも、私にとっては盲点でしたから。

ABSはもちろん優秀です。だからこそ、人の感覚を狂わせてしまう危険性を含んでいると思います。


ドライバーの手

その昔は、車の反応で危険が肌でビンビン感じられました。でも今の車は、限界を超えてもそんな挙動が少ないんですね。

その証拠が、冒頭の実験動画です。時速80Kmでフルブレーキをかけても、スピンはおろか横にも向いていません。とっても優秀なんです ..今の車は。


もしあなたが、「夏にスタッドレスでも大丈夫!」と感じられたとしたら、その危険に「気付かないだけ ...」と言うことかもしれません。




最後に

スタッドレスタイヤを夏に履くと、制動距離がずいぶん伸びてしまうのが分かっていただけたと思います。理由は、タイヤのパターンの違いや、ゴムの柔らかさでした。

また、ハイテクな安全システムに頼りきってもいけません。タイヤ交換などの愛車の整備は、私達ドライバーの責任です。


それから ..スタッドレスタイヤは、その寿命の判断が難しいですね。溝の深さだけでは、判断出来ませんから。


もし心配されているとしたら、スタッドレスについては、たくさんの記事を書いています。ぜひ参考にしてください。

>>「スタッドレス」の記事一覧

Sponsored Link