タイヤのバランス!必要だけどいつ取るの?



タイヤのバランスが取れていないと、車は安全に走行できない事があります。そうならないためにも、バランスの調整が必要になってきます。

ただバランス調整って、いつやるのでしょう?

林先生だったら「タイヤを付けた ..今でしょ!」と一言で済まされそうですが、こればっかりは当てはまりません。^^;

Sponsored Link


タイヤを付けた時と言っても、色々なパターンがあります。

  • 新品のタイヤに 交換した時
  • 夏タイヤと冬タイヤを 交換した時
  • ローテーションした時 ..などなど

私も30年に渡って、散々タイヤを履きつぶしてきました。でもこれら全部のパターンで、バランス調整が必要だった訳ではありません。


今回は、「タイヤのバランスはいつ取ったら良いのか?」ここに視点をあてて、そのタイミングについて書いてみます。

あわせて調整の必要性や料金、はたまた自分で(DIY)の調整についてもご紹介します。




タイヤのバランスは こんな時に調整する

タイヤ交換の作業
バランス調整が「必要か・必要でないか」をパターン化すると次の様になります。

 
組み換え
バランス調整
新品タイヤに交換
① あり
必要  
夏タイヤと冬タイヤの交換
② なし
必要なし
③ あり
必要  
ローテーション
④ なし
必要なし

なぜ、こんな違いが出てくるのでしょうか?

その秘密は、上の表にある組み換えの文字。良く見ていただくと分かると思いますが、組み換えがある場合にだけバランス調整が必要になっています。

つまり、①や③の「組み換えを伴うタイヤ交換」では、バランス調整が必要になります。

対して、②ホイール付きの「夏タイヤと冬タイヤの交換」、それから④「ローテーション」の時などは一般的に必要ありません。


簡単に表現すればこうなります。
  • 組み換えがあれば バランス調整が必要
  • 組み換えがなければ 調整の必要はない

言い換えると、新品のタイヤでも中古のタイヤでも、組み換えをやるのであればバランス調整が必要になります。


ここで言う組み換えは、タイヤ交換とは意味合いが違います。もしこの辺が曖昧であれば、こちらの記事を参考にしてください。

タイヤの組み換えと交換の違い!料金表の見方とは?


もちろん、すべてのパターンでバランスの調整をしても問題はありません。ただ必要のないパターンでの調整は、時間とお金のむだになる場合がほとんどです。




組み換え時の バランス調整の必要性

ではなぜ、タイヤの組み換えをした時にはバランス調整が必要になるのでしょう?

実はタイヤもホイールも、最初からバランスが取れている訳ではありません。もちろん高い技術力でそれぞれ仕上げられてはいますが、それでも完璧に釣り合わせるのは難しい事なんです。

その証拠に、タイヤの円周の中で一番軽い部分には、黄色い点(軽点マーク)が付けられています。

タイヤの軽点マーク
タイヤは真ん丸に見えても、重い部分と軽い部分があるんですね。タイヤメーカーもこの事は認識しているので、製造段階でこのマークを付けています。


ホイールも同じく、重い部分と軽い部分があります。普通のホイールであれば、空気を入れるバルブがあるところがその分重くなります。

ホイールのエアーバルブ

そしてタイヤとホイールを組み合わせる時には、重い部分と軽い部分を利用してタイヤのバランスを取る工夫をします。

具体的には、軽点マークの位置とバルブの位置をあわせて組み込みをします。(新車などは必ずしもこのやり方ではありませんが、組み込みの作業では広くこの方法が使われています。)

タイヤのバランスを取るためにバルブと軽点をあわせる
こうすれば、タイヤ全体のバランスが良くなりますから。

ただ、ここまで工夫しても正確なバランスは取れない事がほとんどです。それを解消するのが、ウエイトと呼ばれるおもりの取り付けです。

ホイールに取り付けたウエイトのおかげで、タイヤとホイールのセットでのバランスが取れる事になります。

Sponsored Link



バランス調整の 工賃について

タイヤのバランスは最初に取ってしまえば、その後はバランスが変わる事はほとんどありません。

ただタイヤを長い間使っていると、まれにですがバランスが狂う事があります。原因はウエイトが取れたり、タイヤが摩耗したりする事によるバランスの異常です。

そんな場合は、タイヤの振動がハンドル等に伝わってきます。特に高速道路で小刻みに揺れる様な事があれば、タイヤのバランスを疑ってみる事も必要です。


料金はそれなりに掛かりますが、安全には変えられません。異常が感じられるのであれば、調整される事をおすすめします。


 工賃(税抜き)作業時間
オートバックス1,000円 〜 / 1本20分 〜
イエローハット1,000円 〜 / 1本20分 〜
コストコ永久無料(注 )20分 〜
(お買い物中)

注)コストコで購入したタイヤに限り、永久に無料で調整してくれます。さらに買い物の前に預ければ、帰る時には出来上がっていますから待ち時間がありません。^^

これについては詳しい記事がありますので、興味を持たれたら見ていって下さい。

コストコのタイヤ価格!ミシュランが安いっ?




バランス調整は 自分で出来るのか?

バランス調整を検討する時に、頭をかすめるのが「自分で安く出来ないの〜」って事。ショップで頼むと、そこそこ費用が掛かりますからね。

プロみたいに正確にやらなくても、「安く上がればいいじゃない?」って方には、こんな工具をご紹介しておきます。


DIY用のホイールバランサーって意外に安いんですね。しばらく自分でやれば、元が取れてしまいます。場所とチャレンジ精神があれば、検討されるのも良いかもしれません。^^


バランサーの使い方はこちらです。

タイヤのバランスって、こんなに狂っている場合もあるんですね。

動画で使われているタイヤは、ヨコハマのアイスガードです。そんな1流の製品でもホイールとの相性等によっては、ウエイトを何十グラムも貼らなくてはいけません。

もちろん個体差がありますので、ウエイトが1つもいらない場合もたまにはあります。




最後に

今回はタイヤのバランスを取るタイミングと、その必要性について見てきました。安全に関わる事なので、必要な時にはあまりケチらずにバランス調整をしておきましょう。

最近でこそ製品の品質が上がっているので、タイヤのブレも少なくなりました。変な話ですが、高速でハンドルがブルブルと振動していた頃を懐かしく思います。^^;


それからタイヤを安く交換するなら、スタンドへの持ち込み工賃が昔に比べてとっても安くなっています。ぜひ参考にしてください。

タイヤ交換の持ち込み工賃は?スタンドが穴場だっ!

Sponsored Link