プリウス30 前期 vs 後期?違いのまとめ!後編



今回は...

プリウス30 前期 vs 後期?違いのまとめ!前編

後編を、引き続き書いていきます。


前回は、ヘッドライトやフォグランプの違いについて書いてきました。


今回の記事は ...

  • テールの違い
  • 内装の違い
  • 乗り心地の違い

この3つに視点を置いて、前期と後期の違いを洗い出してみます。


Sponsored Link

もし、前期30系オーナーが、
 後期との違いを、聞かれたら ...


前期オーナーとしては、複雑な心境です。

後期の良い部分も、書かなくてはなりませんから。


あなたが30系プリウスを検討しているとしたら、2つのモデルの違いを良く理解してからの購入をおすすめします。




テールランプの違い

30系プリウスのテールランプ-前期後期の違い

30系の前期と後期で、一番分かりやすい違いが、このテールランプです。

デザインが、ガラッと変わっていますね。

ここは、好みが分かれそうです。

前期の方が、落ち着いた感じで渋さもあり、私としては好きですが、後期も躍動感と若々しさがあって、好きな人も多いです。


テールランプ全体の形は変わっていませんから、やろうと思えば、前期と後期の取り替えも出来なくはありません。

ただ、バンパーを外すか、ずらすかしないと、ライトを取り外せませんので、慣れてないと難しいと思います。




内装の違い

30系プリウス-前期後期のハザードボタンの違い
内装に関しては、そんな大きな違いはありません。

運転席に乗り込んでみて、まず目をひくのは、ハザードボタンですね。ボタン全体が、赤く変わっています。

あと、ちょっと見にくいですが、写真右上の、エアコンの温度調節のボタンも色付きに変更されています。



30系プリウス-前期後期のコンソールボックスの違い
それから、コンソールのドリンクホルダーが、後期ではオープンタイプになりました。

前期みたいにフタをスライドさせなくても、ペットボトルが置けるって訳です。個人的には、デザイン的にスッキリとした前期の方が、好きでしたけど。



30系プリウス-前期後期のシステムインジケーターの違い
さらに、システムインジケーターの画面の解像度が上がって、綺麗な表示になりました。

前期の表示でも、ハイブリッドシステムの状態は、問題なく確認出来るので支障はありませんが、綺麗な表示に越したことはありませんね。

Sponsored Link



乗り心地の違い

高速のプリウス
さて、1番気になるのが、乗り心地の違いです。

よく、まったく違った車になった!..なんて言われていますが、いくらなんでも、そこまでとは思いません。


もし、30系プリウスのタクシーに乗ったとしたら、前期か後期かを、乗り心地だけで当てられるのは、ほんの一握りの人でしょう。

特に、舗装状態がすこぶる良いバイパスなどでは、プリウスオーナーでも分からないかもしれません。


ただ、やっぱり違います。


Sグレードを例にあげて、その変更点を上げてみると、
  • ボディ剛性の強化
  • 入力分離型アッパーマウントの採用
  • ショックアブソーバーの変更
これだけ改良されている訳ですから、違わないはずがありません。

足回りが改良された分、段差を通り抜ける時の突き上げ感とかが良くなっています。

また、表現が難しいのですが、剛性感と言うか、しっかり感が前期より増して、グレードがちょっぴり上がった感覚です。


地味に、いいです(うらやましい ^^;)。


その分、車両価格も 7万〜12万円 上がってますが。



30系プリウス前期
前期オーナーとしては、なんとか後期プリウスに近づけたい所ですが、そうはいきません。

手軽に出来る効果が高い方法としては、良いタイヤに履き替える事でしょう。

これは、かなりお勧めです。

車両価格の差から考えると、かなりのプレミアムタイヤが、数セット買えるのでは?


これで、後期との乗り心地の差は、半分くらいに縮まる...かな?(ちょっと強がり ^^;)

もちろん、後期に追い付くことは出来ません。




最後に

乗り心地の違いは、試乗で確かめるしかありません。

乗り比べるプリウスの、製造年数が違っていれば、その辺りも考慮しなければなりません。

当然、年数の新しいプリウスの方が、車体の状態が良いはずですから。

また、先程の様に履いているタイヤでも、大きく変わってきますから、試乗の時には要チェックです。


そして、試乗する道は、少し凸凹道なんかを走ってみると、その違いが良く分かると思います。

良い道だけだと、悪い部分が見えませんからね。

Sponsored Link