プリウス30の補機バッテリー!型番はHDDナビで変わる?



30系プリウスの補機バッテリーは、大きさが違う「2種類の型番」があることをご存知ですか?

私がこの事を知ったのは、プリウスの購入時に営業さんとオプションを決めている時でした。

営業さん: 「純正ナビを付けないと、バッテリーの容量がちっちゃい方になっちゃいますよ!」

私: 「なんですって? オプションの選択で、バッテリーの大きさが変わっちゃうの?」


Sponsored Link


説明を聞くと、新車購入時の「オプション選択」でバッテリーの大きさが決まってしまうようです。

今回は、「30系プリウスの補機バッテリー」について見ていきましょう。この情報を知らないと、補機バッテリー交換で間違った選択をしてしまう ...かもしれませんよ^^




補機バッテリーは 2種類の型番がある

プリウスの補機バッテリー
30系プリウスに使われている純正の補機バッテリーには、2種類の型番があります(Gは除きます)。
  • S34B20R (標準)
  • S46B24R (容量が少し大きい)
トヨタがどんな基準で、この2つのバッテリーを使い分けているのか?それは、プリウスを購入する時のオプション選択で決まります。

具体的には、

  • 純正のHDDナビを 付けるのか?
  • 純正のHDDナビを 付けないのか?
この選択で、補機バッテリーが変わります。


例えば、「GS YUASA」と「パナソニック」の製品を、アマゾンで調べてみます。安価な社外品で、かつ信頼できるバッテリーですから。

純正HDDナビ なし
S34B20R(標準)
純正HDDナビ あり
S46B24R(容量大)













容量が違いますから、もちろん価格も違います。ただ新車購入時に、この2つの「バッテリーの選択肢」がないのはいただけませんね。

とにかく大切なのは、2つの選択肢があることを知った上で補機バッテリーを選ぶことです。




補機バッテリーの 選び方

プリウスのHDDナビ
基本的には、HDDナビがついていれば「大きい方の補機バッテリー」をおすすめします。

トヨタとしては、「HDDナビは電気をたくさん使うから、バッテリーを大きくしてしまえっ!」と判断している訳ですから。

注意したいのは、新車購入時に「オーディオレス」のオプションを選んだプリウスです。

そのプリウスには、「小さい方のバッテリー」が装着されています。でもその後に、社外品のHDDナビを付けることもありますから。


ちなみに、バッテリー上がりの原因として多いのは、ナビやオーディオです。室内灯の消し忘れ等を除けばですけど。

バッテリー上がり等の問題が起きなければ、それはそれで良いのですが ...起きないとも限りません。

Sponsored Link



容量大の バッテリーは必要か?

プリウス小物入れの異音対策
我が家の場合、車内で電気を使ってるものを片っ端から上げてみるとこんな感じです。
  • HDDナビ(ナビ オーディオ)
  • ドライブレコーダー
  • ETC
  • 空気清浄器
  • インバーター(充電器接続用)
  • スマホ(家族分の充電)
  • iPad(充電)
  • モバイルバッテリー(充電)
  • ビデオカメラ(充電) ...
思ったより、たくさんの物にお世話になってます。さすがに同時には使わないとしても、相当な電力消費量です。

もしこんな状況であれば、大容量のバッテリーを選んだほうが懸命です。


よくよく考えれば、トヨタはわざわざ2種類のバッテリーを用意しているんですね。

トヨタの社運をかけたプリウスです。原価を1円でも抑えたいのが本音でしょう。それでもHDDナビだけのために、原価が高い大きなバッテリーを採用しています。この事には、それだけの理由があるからだと私は思います。




最後に

プリウスは新しい技術の車ですから、事例が蓄積されていないのが玉にキズです。

今回は補機バッテリーの話でしたが、どうしても気になるのが駆動用バッテリーです。


そろそろ、トラブルの事例が増えて来てもおかしくありません。

プリウスのバッテリー寿命!30系の駆動用はどれくらい?

Sponsored Link