プリウスのステアリングスイッチ!この快適さはやめられない♪



プリウスのステアリングには、音楽再生などの、
コントロール・スイッチが付いています。

でも、社外ナビだからと言って、接続しないと、
スイッチが、使えなくなリますよね。


これって、非常にもったいない!

Sponsored Link


あなたが、プリウスを運転している姿を、
想像してください。


きっと、お気に入りの音楽を聞きながら、
楽しいドライブを、している事でしょう。


そんな時に、ステアリング・スイッチが無いと、
か・な・り、ストレスがたまります。


でも、ステアリング・スイッチを上手に使えば、
ストレス・フリーの、プリウスライフが送れますよ。

このスイッチを、使い倒しているプリウス乗りが、
実際の操作性と使用感、あわせて我が家の、
活用シーンも、ご紹介します。




ステアリングスイッチの 操作性と使用感

プリウスのステアリングスイッチ
プリウスの、ステアリングスイッチの操作性には、
素直なところ、とても満足しています。

このスイッチには、ビミョ~な凹凸が付いていて、
慣れてくると、手探りでの操作が、
出来るようになります。


ナビの操作中には、ステアリングスイッチの、
真ん中のMODEボタンの上に、左手の親指を、
置いておくと、いい感じです。

これで、どのスイッチにも、すっと指が届いて、
スムーズに操作出来ます。

いわゆる、親指のホームポジションですね。


この技?(ちょっと大げさ^^;)をマスターすれば、
運転中でも、視線を前方から、外さなくていいので、
安全性も向上して、ストレスフリーです。


高速のプリウス

スイッチを押した時の感触ですが、押し始めは、
ぷにゅっとしてて、さらに押し込むと、
ポチっとしたクリック感があります。

初めは、頼りない感じもしますが、
慣れてくると、この感じがクセになってきます。

こうした、アナログな部分の使用感は、
ちょっと独特ですが、私は好きです。


でも、スイッチがステアリングに無くても、
カーナビに、ちょっと手を伸ばせば
届くから、問題無いでしょ。

そんな意見も、ちらほら...


でも、あなたが音楽好きなら、
それが、かなり問題なんですー!


そんな問題を解決する、ステアリングスイッチの、
具体的な活用シーンを、引き続き、
見てみましょう。




ステアリングスイッチが 活躍するシーン

赤信号
我が家の場合、スイッチが活躍するシーンは、
次の、3つです。
  1. 信号で 停止した時
  2. 曲ごとの 音量が違う時
  3. 高速道路の 交通情報

1. 信号で 停止した時


プリウスは残念ながら、ロードノイズが大きい。

速度がでている時は、ノイズに負けないように、
ボリュームを、上げている訳ですが、
信号で止まると、今度は大きすぎる

なので、止まると、小さくする。
そして、また上げる...

そう聞くと、面倒に思われるかもしれません。

でも、言い換えると、ステアリングスイッチでなきゃ、
こんな事は、かえって出来ないですから。


いまの住宅環境を考えると、好きな曲を、
大きな音量では、聞けません。

せめて、プリウスに乗っている時ぐらい、
好きな音楽を、好きな音量で、聞きたい。

それだけなんです。


スイッチ操作だけで、日常とはかけ離れた、
走る、プライベート空間を手に入れられれば、
親指の手間は、気になりません。

Sponsored Link



2. 曲ごとの 音量が違う時

今どきのカーナビは、USBメモリや、
iPhoneなんかが、接続できます。

聞きたい曲だけを、放り込んでおけば、
非常に、便利ですよね。


が、困ったことに、バラバラに入れていると、
曲ごとのボリュームが、随分違います。

ボリュームが変わる度に、ナビに手を伸ばすのは、
面倒だし、危ないんですね。


こんな時には、慌てず騒がす、手元のスイッチで、
ピッ、ピッ、ピッ、と音量調節です。

ボリュームが、大きく違っていても、
大体、2〜3クリックで、調整できます。


慣れれば、操作は簡単なので、
すこぶる快適に、過ごせます。



3. 高速道路の 交通情報

高速道路
高速道路でのナビ操作は、特に危険です。

音楽を聞きながら、ごきげんに走っていたら、
電子掲示板に、ちらっと、渋滞の情報が表示が...

  • 次のインターで、降りるべきか?
  • 賭けに出て、そのまま走るべきか?

こんな時は、ハイウェイラジオ交通情報が一番!


でも、渋滞気味の、ひしめき合った状態に限って、
ナビの操作は、難しい。

こんな状況でも、頼りになるのは、
やっぱり、ステアリングスイッチです。


我が家のナビの、AMラジオ選曲は、予め、
ハイウェイラジオに、合わせています。

そうしておくと、MODEスイッチを、数回押せば、
iPhoneなどから、AMラジオに切り替え出来て、
すぐに交通情報を、聞くことが出来ます。


いくら、ステアリングスイッチでも、
ラジオのチューニングまでは、
ちょっと、面倒ですからね。^^




最後に

プリウスは、私にとって良い車です。

ただ、最初に書いたように、室内のロードノイズが、
ちょっと大きいのが、弱点のひとつです。

さらに、インテリアには、ハード素材が、
多用してあります。

これが原因で、ギシギシカタカタと、
異音をたてる時が、少なくありません。


これが何と言うか、音楽好きには、気になる部分で、
私も随分、苦労しました。

そんな場面があったら、ご覧ください。↓

ダッシュボードの異音はあきらめないで! リコール以外にもあるプリウスの不具合?


異音対策に、終止符が打てるかもしれません。

Sponsored Link