プリウスのおすすめパーツ?事故る前に地味でもぜひ定番を!




プリウス30を手に入れたら、パーツはなにを付ける予定ですか? 最初は見栄えがよくなるパーツに目が行きがちなんですが、これにはちょっと注意が必要です。

私が実際に取り付けているのは、事故のリスクを減らせるパーツです。パーツごときで、大げさな表現と思われるかもしれません。でも小さな投資で安全が手に入りますから、じっくりと検討してください。

我が家も限られた予算の中で、パーツを選んできました。プリウス歴5年で、使って満足しているおすすめのパーツをご紹介します。


スポンサーリンク



1. HIDヘッドライト

プリウス30(前期)に乗っていて「ココなんとかして~」と感じるのがヘッドライトの明るさです。我が家も最初はハロゲン(純正)でしたがハッキリ言って暗かったです。

特に雨の日の夜なんかはえっ点いてる?と疑うくらいで自転車なんかが見えにくくて結構ヒヤッとしていました。この弱点をカバー出来るパーツが非純正のHIDヘッドライトです。理由は明るいからですが輝度を比較するとこんな感じです。

HID > LED > ハロゲン

実際の走行を動画で見てみるとこんなに違います。

メーカーによっては、バンパーを外さなくても装着可能です(たとえばベロフとか)。数万円の費用は掛かりますが、夜の運転はかなり楽になります。マジでおすすめなんです。でも、光軸調整(ライトの方向)を正しくしないと、対向車が眩しくてたまりません。ここは車検うんぬんではなく、マナーとしてきっちり調整しておきましょう。




2. バックカメラ

プリウスは後方の視界が良くありません。プリウスの前はゼダン(箱型の典型的な古い形)に乗っていました。それと比べると、後方の視界が圧倒的にせまい。

プリウスの後方視界
これで一番困るのは、バックの時です。コンビニやスーパーなどでの、バック駐車やバック発進...これは良くあることですよね。プリウスは基本的にモーター発進です。エンジンが回っていないので、動き出してもほぼ無音で歩行者に気づかれません(充電時は別です)。この時に本当に危ないのが、小さな子供さん。なにしろ、運転席からはほとんど見えません。これをカバーするのがバックカメラです。

プリウスのバックカメラ
当然目視でも確認しますが、死角になる見えない部分も映してくれるので危険を回避出来ます。カーナビにバックカメラのオプションがないなら、バックミラーにカメラの映像を映し出す優れものもあります。

また、購入前の試乗では至れり尽くせりなので、バック駐車をすることはほとんどありません。なので、試乗の際には積極的にバック駐車を体感されることを強くお勧めします。もしプリウスにバックカメラが付かなかったら、プリウスファンの私でも絶対買いません。


スポンサーリンク



3. ステアリングスイッチの 接続

ドライブで欠かせないのが、お気に入りの音楽ですね。その時の気分でカーナビの音楽を選ぶわけですが、走行中の操作は脇見運転になりがちです。

ありがたい事に、プリウスのステアリングにはリモートボタンが付いています。

プリウス ステアリングのリモートボタン
このボタンで出来ることは、

  • 音楽・テレビ・iPhoneなど ソースの選択
  • 曲のスキップなどの 選曲
  • テレビの チャンネル切り替え
  • 音量の 変更
など。慣れてくると手探りで分かるようになります。

なので、走行中でも前方から目を離さずにカーナビの操作が出来ます。これはかなり便利です。安全面からみても二重丸です。

ただし純正以外のナビを付ける場合は、ステアリングスイッチとの接続が必要です。後付でナビを選ばれる時には、ステアリングとの連携が取れるものをぜひ選んでください。




最後に

今回はプリウスの安全面に焦点をあてましたが、ドレスアップにはタイヤホイールの交換がインパクトありますよね。でも注意しないと失敗もあります。

実際に、私がやってしまった例がこれです。>>> プリウスのホイール交換!そのナットの種類は間違っていませんか?

もしタイヤ交換を予定されているなら、参考にしてください。

スポンサーリンク