こどもの日の由来!保育園での説明はどうする?



こどもの日の由来を、上手に説明するために、
保育園児でもわかる、子ども向けのお話を、
してあげては、いかがでしょう?


さらに、説明の時には、お話に関する、
イラストを、準備しておくと便利です。

イラストを見せながら、説明すると、
子どもが、お話に集中できて、
非常に、うまくいきます。

記事中のイラストを、厚手の紙に、
印刷しておけば、鬼に金棒です。^^

Sponsored Link



1. こどもの日って な~に?

まずは、子ども向けのお話です。

こどもの日は、中国のお話と、日本のお話が、
一緒になって出来ました。



中国のお話

雨とおじいさんおばあさん
むかしむかし、中国と言うとろに、
おじいさんと、おばあさんが、
なかよく、住んでいました。

5月になった中国は、毎日毎日、
ばかり、降っていました。


あまり雨ばかりなので、畑の野菜は、
元気がなくなって、腐ってしまいました。

野菜が食べられなくなった、おばあさんも、
元気がなくなって、病気になってしまいました。


菖蒲は-お薬
おばあさんを心配した、おじいさんは、
山に葉っぱを、取りにいきました。

お薬になる、菖蒲の葉っぱを、
おじいさんは、知っていたのです。


この葉っぱの匂いを、嗅いでごらん。
この匂いで、病気が治るんだよ。

すると、どうでしょう。

菖蒲の匂いを嗅いだ、おばあさんは、
病気をやっつけて、すっかり元気になりました。


病気をやっつけた-おばあさん

そして、中国の5月5日は、
病気をやっつける日に、なりました。



日本の お話

日本の田植え

むかしむかし、日本のあるところに、
お父さんと、お母さんが、住んでいました。

お父さんと、お母さんは、5月になると、
お米を作る、田んぼのお仕事を始めます。

田んぼのお仕事は、お母さんが大活躍です。

今のように、機械はありませんから、
お母さんが、全部手で植えていきます。


菖蒲とお祈り
お母さんは、お父さんに言いました。

田んぼのお仕事は、神様の変わりなんです。
お仕事を始める前に、お祈りをさせてください。

そして、菖蒲の葉っぱで、お家を飾って、
神様に、お祈りを始めました。


豊作と-お父さん
すると、どうでしょう。

神様が、お願いを聞いてくれて、
その年は、びっくりするくらいの、
たくさんの、お米が取れました。


そして、日本の5月5日は、
お米が、たくさん取れるように、
神様にお願いする日に、なりました。


こどもの日の由来
そして...

日本のお話と、中国のお話が一緒になりました。


それから、お父さんや、お母さんは、
子どものみんなが、元気に育つようにと、
一緒に、お願いするようになりました。


それが5月5日の、こどもの日です。

Sponsored Link



2. こどもの日の由来

ここからは、大人の方向けの説明です。

説明する方が、よく理解していないと、
子ども向けのお話も、うまくいきません。

子どもに説明する前に、こどもの日の由来を、
サクッと、理解してしまいましょう。



端午の節句とは

こどもの日は、5月5日の端午の節句が、
国民の祝日として、制定されたものです。


端午の、とは、初めという意味で、
本来は、月の初めの午(うま)の日をさしました。

その昔は、5月5日に決まっていた訳では、
なかったんです。


それが、5月5日になったのは、
次のような、理由からです。

  • 5月は 午(うま)の月 である
  • 午(ご)と五(ご)は 読み方が同じ
  • 月と日が重なる日を 祝日とする習わし

こんな事から、5月5日は特別な日になる訳ですが、
その由来は、昔から伝わる風習です。


こどもの日は、中国の風習と、日本の風習が、
一緒になって、出来ていたんですね。




中国の 風習

旧暦の5月は、今の6月にあたります。

6月と言えば、中国でも高温多湿な時期で、
伝染病や、害虫の被害が多くありました。

また、中国では、重日思想という考えから、
奇数の5と5が重なる、5月5日は、
邪気が多い日と、されていました。


そのため、災い邪気を払う工夫が、
色々と、行われていました。

  • 薬草を 摘む(5月5日は薬取りの日)
  • 菖蒲酒を 飲む
  • よもぎで作った人形を 軒先に吊るす
薬草の効能や、菖蒲よもぎの香りで、
疫病や邪気を、払おうと考えた訳です。


今の言葉に、言い換えると。
中国では、端午の節句の5月5日は、
病気や災害から、身を守る日。

すなわち、厄除けの日だったんですね。

この風習が、奈良・平安時代に日本に、
伝わって、貴族達に取り入れられていきます。



日本の 風習

もともと日本では、5月5日は、
女性の節句だったそうです。


5月といえば、田植えの月です。
昔の田植えは、女性が大活躍していました。

男性が、苗を田んぼに投げ入れ、
早乙女(さおとめ)と呼ばれる女性が、
早苗(さなえ)を、一列に並んで植えていきます。

早乙女早苗の、早(さ)は、神様の意味で、
神様から授かった苗を、神様に変わって、
女性が植える、と言う意味です。

田植えは、神聖なものだったのです。


そのため、女性たちは、田植えの前に、
女の家と呼ばれる家に一晩こもり、身を清めてから、
豊作を祈り、田植えを始めました。

この風習を、五月の物忌み(さつきの ものいみ)、
と言います。


そして、五月の物忌みは、日本に伝わって来た、
中国の風習と結びついて、端午の節句の、
始まりとなりました。


その後、端午の節句は、

菖蒲は、「尚武(武事を尊ぶ事)」に、
通ずることから、男の子の成長を祝う日。

に、なっていきます。


さらに、昭和23年に、こどもの日と定められ、
子どもの 人格を重んじ
子どもの 幸福をはかるとともに
母に 感謝する日

となりました。




最後に

こどもの日には、鯉のぼりは欠かせません。

この鯉のぼりにも、色々な意味があって、
その意味は、各パーツに隠されています。

もし、鯉のぼりが飾ってあるのなら、
お子さんに、鯉のぼりの意味も、
ぜひ、教えてあげましょう!

こどもの日の鯉のぼり!パーツの意味と教え方

Sponsored Link